双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

日焼けした顔のアフターケアで赤みを消す方法は?皮むけした時のケアは?

   

春先からどんどん強さを増してくる紫外線。紫外線は、肌の日焼けの原因です。
本当は、日焼けをする前に対策をしておくことがベストなのですが、うっかり日焼けをしてしまうこともよくあることですよね。

日焼けをしてしまった後からでも、対応によって結果は大きく異なります。
今回は正しいケアの方法についてお話ししていきますね。

スポンサーリンク

日焼けした顔の正しいアフターケアは?

体の中で、一番日焼けが気になる部分といえば、顔ですよね。
手や足は、服を工夫することでかなり紫外線対策をすることができます。
でも、顔はどうしても露出する部分なので、日焼け止めクリームを塗るくらいしかできなかったり…。
しかも、日焼け止めを塗っていたにもかかわらず、顔が焼けしてしまった…なんてことにも。
その場合のアフターケア、どうしてますか?

まず、顔を日焼けしてしまった場合、女性は特に見た目を気にしてしまいますよね。
しかし、日焼けした肌というのは、軽くやけどした肌と同じです。
そのため、ひどく日焼けした場合は痛みを伴うことも…。

日焼けをしてしまった場合は、まずは、顔に限らず冷やすことが大切です。

日焼けした肌は、熱を帯びています。
ほてった肌を冷やしてあげて、熱を取り除きましょう。
そして、乾燥状態の肌に水分を補ってあげましょう。
このとき、強い刺激のある化粧水は避けてくださいね。
日焼けした肌は、いつもよりも弱っている状態なのです。

とくに、赤く炎症状態になっている場合は化粧水の使用は危険なのでやめましょう。

そして、日焼けした肌は、日数がたつと皮がむけ始めてきます。
下から新しい肌が出来上がってきています。
そのため、新しい肌に必要な栄養素を補給してあげましょう。
肌と聞くとビタミンCを思いだすと思いますが、肌を作る栄養素はタンパク質です。

ビタミンだけでなく、様々な栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

スポンサーリンク

日焼け後の顔の赤みを消す方法は?

日焼けした後の赤みは、日焼けによって炎症が起きているためです。
「赤みを消す方法」は、言い換えれば「炎症を鎮静化させる方法」といえます。

まず、肌の赤みに対しては、よく冷やすことが大切です。
まだ肌に赤みが残っている状態では、化粧品によるケアはできません。
化粧水や美白化粧品の力を借りるのは、赤みが取れてからとなります。
まず、赤みをとるためには冷やして熱をとり、炎症を抑えることが大切です。
よく、キュウリなど身近なものでパックする人がいますがやめたほうがいいですよ。
日焼けをしている肌は、弱っている状態なので細菌感染もしやすい状態です。
むやみに肌に貼ったりせずに、冷やすことが大切です。

日焼けした顔の皮がむけてヒリヒリ痛いときのケアは?

日焼けした肌は、顔に限らす数日たつと皮むけが始まります。
このとき、絶対にやってはいけないことがあります。
それは、皮を自分でむいてしまうことです。
日焼けしでむけてきた皮は、下に新しい皮ができたからむけてくるのです。
それを、むけ始めてもいないのに、気になるからといって強制的にむいてしまうと、傷になってしまいます。
傷あとは、色素沈着の原因となり、あとあとまで残る可能性があるのです。
本当は、日焼けして皮がむけてきても自然と新しい皮と入れ替わり、きれいに戻るのですが、ヒリヒリとした痛みがある場合はケアしていきましょう。

まず、化粧品でケアするのではなく、薬で対処するようにしましょう。
市販薬の中にも日焼け用の軟膏やローションが販売されています。
これを塗ることによって、痛みを改善することができますよ。
ただ、痛みが長く続いたり、ひどくなってくる場合は市販薬ではなく、皮膚科に行って診てもらいましょう。

さいごに

日焼けは、軽いやけどと同じことです。
ひどい日焼けは、水ぶくれになり跡を残すこともあります。
痛みを伴うときは、自己判断でケアするのではなく、なるべくはやく医師の診断を受けることが大切です。

スポンサーリンク

 - 紫外線対策 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
ラッシュガードの砂が取れない!洗濯の注意点と取り方は?

夏の浜辺で気を抜いてしまうと、ひりひり日焼けで苦しむことになってしまいますよね。 …

205613
日焼け止めの去年の残りは使えるの?開封後の使用期限は?未開封でも期限は同じ?

紫外線対策に不可欠なものが日焼け止めクリームです。 最近は、クリーム状、ジェル状 …

146652
紫外線対策をしないと普通のほくろが皮膚がんに!?日焼け後は注意!遺伝子に影響?

真夏の時期、女性なら日傘や日焼け止めで紫外線対策を行いますが、男性なら何も処置を …

no image
顔のシミの対策の方法は?薄くする化粧品で40代男性におすすめは?

シミといえば、本気で消す場合はレーザー治療を受けることになりますが、レーザー治療 …

123965
室内でも日焼け止めは必要?SPFとPA?老化は防げる?

1日中家にいる日は、日焼け止めクリームを塗らないで過ごしたりしていませんか? 室 …

161100
日傘の紫外線カット効果 白黒どっち?内側の色との関係は?

紫外線対策は、一昔前は日焼け止めクリームのみの人が多かったけれど、最近は日傘を併 …

078980
紫外線対策はいつから?うっかり日焼けをしない為にも早めの対策を!

日焼けは健康的なのでしょうか? 今ではそんな考えは時代錯誤です。 浴び過ぎた紫外 …

038963
オゾン層と紫外線 赤ちゃんの内から紫外線対策を!

昭和50年代位までは、子供も大人もそれほど紫外線対策に躍起になっていた~と言うこ …

no image
ユニクロのuvカットパーカーとラッシュガードの違いや効果は?海でも使える?

最近はおしゃれなラッシュガードがたくさんありますね。 ラッシュガードとは、もとも …

315259
顔にシミが増える原因は?有効な紫外線対策でビタミンCは朝夜どっち?

20代の頃には目立たなかったシミも、30代突入すると徐々に目立ってきますよね。 …