双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

小学生の紫外線対策と太陽光の役割は?基本はまず帽子から

      2015/03/30

昔は子供は太陽の光が燦々と降り注ぐ中でも帽子もかぶらず遊んでいた時代がありましたが、現在はそれを推奨する人はあまり居ません。

と言うのも、紫外線を浴び過ぎると身体にあまり良くない~と言う風潮になって来ているからです。

スポンサーリンク

太陽光の役割は?

太陽光はそんなに良くない訳では無いのです。
むしろ浴びた方が良いとされている部分もあります。

それはビタミンDの合成です。

太陽光とビタミンD

ビタミンDはカルシウムが骨に結合する際に必要な栄養素の一つなのですが、食生活でも摂取する事が出来ます。

ただ、食生活が偏っている場合は率先して太陽光を浴びた方が良いと言う事もあるので、あながち太陽光全てが悪いと言うモノでも無いのです。

カルシウムを摂取したときは、日光を浴びましょう!
吸収が良くなります。

スポンサーリンク

紫外線と日焼け

とりあえずは紫外線ですが、あまり浴び過ぎると良くないのは日焼けになります。

真黒く日焼けした子供は、子供らしいと言うか生命力にあふれていて良さそうに見えますが、その日焼けが10年後~20年後に突如としてシミやくすみを大量発生させてしまう事もまた事実なのです。

その時は気にならなくても、紫外線によるダメージはずっと蓄積されていくのです。

紫外線と帽子

紫外線対策のまず基本ですが、帽子を被るのが初歩です。

帽子を被る事によって熱中症対策と顔に当たる紫外線をカバー出来ます。

ただ、いわゆるキャップと呼ばれる野球帽の様な帽子は顔全体をカバー出来ないので、紫外線対策として被る帽子はつばが一周ぐるりとしている麦わら帽子が最適です。

陽射しの厳しい季節には是非、子供達には麦わら帽子がお勧めです。

スポンサーリンク

 - 紫外線対策 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

315259
顔にシミが増える原因は?有効な紫外線対策でビタミンCは朝夜どっち?

20代の頃には目立たなかったシミも、30代突入すると徐々に目立ってきますよね。 …

040639
日焼けした顔のアフターケアで赤みを消す方法は?皮むけした時のケアは?

春先からどんどん強さを増してくる紫外線。紫外線は、肌の日焼けの原因です。 本当は …

078980
紫外線対策はいつから?うっかり日焼けをしない為にも早めの対策を!

日焼けは健康的なのでしょうか? 今ではそんな考えは時代錯誤です。 浴び過ぎた紫外 …

205613
肌の負担が少ない日焼け止めはどんなの?子供におすすめベスト3は?

夏の厳しい日差しから子供の肌を守る日焼け止め。 その日焼け止めの質によっては、子 …

no image
野外フェスで帽子の時にまとめ髪が簡単にできる方法やヘアアクセサリーの使い方と髪の紫外線ケアの方法

夏になると野外での行事ごとが増えますので、色々な対策をとらなければいけませんが、 …

no image
ユニクロのuvカットパーカーとラッシュガードの違いや効果は?海でも使える?

最近はおしゃれなラッシュガードがたくさんありますね。 ラッシュガードとは、もとも …

no image
水着で子供のラッシュガードは長袖?ジップアップ?日焼け防止効果は?

子供のラッシュガードを選ぶとき、長袖にしようか半袖にしようか、フードは必要かあれ …

161100
日傘の紫外線カット効果 白黒どっち?内側の色との関係は?

紫外線対策は、一昔前は日焼け止めクリームのみの人が多かったけれど、最近は日傘を併 …

038963
オゾン層と紫外線 赤ちゃんの内から紫外線対策を!

昭和50年代位までは、子供も大人もそれほど紫外線対策に躍起になっていた~と言うこ …

no image
ラッシュガードの砂が取れない!洗濯の注意点と取り方は?

夏の浜辺で気を抜いてしまうと、ひりひり日焼けで苦しむことになってしまいますよね。 …