双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

日傘の紫外線カット効果 白黒どっち?内側の色との関係は?

   

紫外線対策は、一昔前は日焼け止めクリームのみの人が多かったけれど、最近は日傘を併用する人が急増中。
日傘売り場には、レース素材やさまざまなデザインの日傘があり、どれにしようか迷ってしまいますよね。
ただ、日傘の選び方には注意点があったのです。

今回はそんな日傘の効果的な使い方や選び方についてお話していきますね。

スポンサーリンク

日傘に紫外線カット効果は?

最近はさまざまなデザインの日傘が売られていますよね。
コーディネートに合わせた日傘を選ぶことは、おしゃれの一つにもなってきました。
しかし、日傘の一番の目的は紫外線カットですよね。
果たして、日傘に紫外線カット効果はあるのでしょうか…。

結論からいうと、日傘の使い方によって効果に違いがあります。
よく、日傘を肩にのせてさしている人をみかけますよね。
実はこれ、前から見ると顔がよく見えていいのですが、紫外線予防としてはダメな使い方です。

日傘の効果は、太陽から降り注ぐ紫外線を物理的にカットすることで効果を発揮するのです。
また、傘の部分に当たる紫外線も跳ね返すことで紫外線を避けているのです。
なので、日傘を肩にかけてしまっては、紫外線が傘に当たらずに顔に当たってしまい意味がないんですよ。

日傘の紫外線カット効果を高めたい場合は、太陽からの紫外線が顔や体に当たらない角度を意識してさすことが大切なのです。

日傘の色は白と黒のどっちが効果がある?

現在販売されている日傘の多くは、白と黒です。
では、どっちが、紫外線をカットする効果が高いのでしょうか…

色だけの問題であればです。

紫外線は、色が濃ければ濃いほどカットされます
なので、白いブラウスはほとんどの紫外線を通過させてしまっているのです。

スポンサーリンク

ただ、日傘に関しては一概に白はよくないとはいえません。
なぜならば、紫外線カット用に売られている日傘の多くは、紫外線カット加工がされているからです。
紫外線カット加工は、UVカット加工と表示されていることが多いです。
UVカット加工がされている場合は、さほど色をきにする必要はありません。
ただ、レースの日傘は物理的に紫外線を通してしまうので布製の日傘よりは効果が落ちてしまいます。

また、UVカット加工は永遠のものではありません。
長くても3年程度で効果は落ちてきてしまいますので、買い替えが必要です。
日傘を選ぶときは、白か黒のどっちにしようか迷うのではなく、UVカット加工の表示を確認してみるといいでしょう。

日傘の内側の色は関係あるの?

日傘の内側の色が、銀色や黒にされている日傘を最近目にしますよね。
表面は、軽やかな色彩にもかかわらず、内側は真っ黒だったりします。
これは、紫外線カットの効果を意識しているためです。
紫外線は、太陽からふりそそぐ紫外線と、地面から反射する紫外線の2種類があります。
太陽からの紫外線は、表面がカットします。
最近注目されているのが、地面からの跳ね返った紫外線です。
これは、アスファルトでとくに見られる現象です。
日傘の内側が、黒や銀になっているのは、跳ね返りの紫外線をカットする目的があるのです。
また、内側の色は外側と比べてコーディネートへの影響も少ないです。
まぶしさを軽減するため、暗い色が使われていることが多いのです。
跳ね返った紫外線は、目からも入っていきます。
日傘とUVカット加工がされたサングラスも併用すると、紫外線カット効果がさらに期待できますよ。

さいごに

紫外線は、年々強さを増し日焼け止めクリームだけでは対応が難しくなってきました。
また、夏は猛暑日が続出し、日傘の出番はどんどん増えてきています。
日傘は、紫外線カットの目的もありますが、暑さをやわらげる効果も期待できます。
日陰にいる状態を作ることができるからです。

髪型のくずれを気にせず、気軽に使うことができる日傘ですが、選び方と使い方にはコツがあったのですね。
UVカット加工された日傘を上手に使ってみてください。

スポンサーリンク

 - 紫外線対策 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
顔の日焼け止めの塗り直し方法でメイクの上からは?何時間おき?

春先から紫外線は、どんどん強さを増してきます。 毎日の紫外線対策が、数年後のお肌 …

045325
アスファルトの照り返しでの日焼け防止対策は大丈夫?ネックカバーで対策を!

真夏の時期は本当に暑いからこそ、紫外線からしっかりと自分の肌をガードする、正しい …

205613
肌の負担が少ない日焼け止めはどんなの?子供におすすめベスト3は?

夏の厳しい日差しから子供の肌を守る日焼け止め。 その日焼け止めの質によっては、子 …

no image
野外フェスで帽子の時にまとめ髪が簡単にできる方法やヘアアクセサリーの使い方と髪の紫外線ケアの方法

夏になると野外での行事ごとが増えますので、色々な対策をとらなければいけませんが、 …

no image
ラッシュガードの砂が取れない!洗濯の注意点と取り方は?

夏の浜辺で気を抜いてしまうと、ひりひり日焼けで苦しむことになってしまいますよね。 …

045325
腕の紫外線対策は?UVカットの上着などでオシャレに!

これからの季節、特に8月頃までは紫外線量がドンドン増えて行きます。 そんな中、紫 …

205613
日焼け止めの去年の残りは使えるの?開封後の使用期限は?未開封でも期限は同じ?

紫外線対策に不可欠なものが日焼け止めクリームです。 最近は、クリーム状、ジェル状 …

no image
顔のシミの対策の方法は?薄くする化粧品で40代男性におすすめは?

シミといえば、本気で消す場合はレーザー治療を受けることになりますが、レーザー治療 …

073560
小学生の紫外線対策と太陽光の役割は?基本はまず帽子から

昔は子供は太陽の光が燦々と降り注ぐ中でも帽子もかぶらず遊んでいた時代がありました …

077209
紫外線が目に与える影響は?最近髪の毛の白髪が気になる人は対策を!

紫外線対策と言えば、日焼け止めを塗る事だと思いますが実際は、身体の黒い部分、特に …