双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

小さいっ の読み方の教え方は?子供に教えるコツはこれ!

   

179585
小さな子どもに小さいの読み方を教えることは、
とても難しいですね。
いろいろな教え方を試してみても、なかなか理解して
もらえないようです。

今回は、小さいの読み方を教えるコツについて
お話しします。

スポンサーリンク

小さい っ の読み方の教え方は?

子どもは、小さいを読むときでも、大きい
変わらずに読んでしまうことが多いようです。

きってと書いてあれば、子どもは一文字一文字を音
に表現するため、きつてと発音してしまいます。

子どもに小さい「っ」の読み方を上手に伝える教え方は、
子どもが一文字一文字を音にしてしまう特徴を利用して
みましょう。

小さい「っ」は、それだけをみれば、音にすることはできません。
そのため、小さい「っ」は発音しないお休みと教えるのです。
しかし、子どもにとって何もしないことは理解しづらい
ことかもしれません。
音に出さない代わりに、手をたたくなど、他のアクションに
置き換えてみる
といいでしょう。

例えば、「きって」の発音を教えるときには、
を発音したら小さいの代わりに手を1度ポンとたたくのです。
そして、つづけてを発音します。

頭と口だけで教える教え方は、子どもを飽きさせてしまいがちです。
手をたたいたり、体を動かしたりすることで、退屈せずに
教えることができます。

ストレスを感じずに小さいっ を読めるようにする教え方は?

5851ac4b141e261994647ff45b3623db_s
教えると思うと、親も力が入り過ぎてしまいます。

スポンサーリンク

親も子どももストレスなく、小さいの読み方を教える教え方は
読み聞かせが一番です。
絵本の中には、文章に溶け込むように小さいが使われています。
子どもは、耳から入ってくる言葉によって、自然と小さい
理解できるようになるでしょう。

ひらがなを教えるとき、ついあいうえおとひらがな一文字一文字
を教えたくなりますが、言葉は単語や意味を持っている言葉の
状態で覚えたほうが覚えやすいものです。

読み聞かせは、語彙力を高めるだけでなく、想像力や
コミュニケーション力も高めること
ができます。
寝る前に1冊でも読み聞かせの習慣をつけるだけで、ストレスなく
ひらがなや言葉を覚えることができるかもしれませんね。

何度教えても小さいっ の読み方が理解できないときに考えらえる理由は?

何度教えても小さいっが理解できないときは、子どもに
問題があると考える前に、年齢を考えてみましょう。

最近は、幼稚園入園前からひらがなとカタカナを読み書き
できるようにさせようと頑張るママも多いようです。
しかし、発達は個人差が大きく、文字や言葉を全く理解
できない年齢にも関わらず、ママが必死になって教えても、
無駄に焦るだけです。

子どもは楽しくないことは嫌いです。
楽しくないと思っているにも関わらず、強制的に文字を
教えたり、書かせたりしてしまうと、子どもは学び
嫌ってしまう可能性が出てきます。

何度か教えても小さいが理解できないようであれば、
まだ早いのかな~
と思って様子を見てあげてもいいのかもしれません。

さいごに

言葉は、勉強のように教え込まれるよりも、日常生活の
中で覚えていくことのほうが多いものです。
読み聞かせを会話など、子どももママもストレスを感じない
方法を探してみましょう。
        

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
洋服のカレーのしみの落とし方は?石鹸は赤くなって逆効果!うたまろリキッドなら?

人気テレビ番組でも取り上げられ、安くて使える固形石鹸として有名になった石鹸がウタ …

縄跳び3
縄跳びを手首でうまく回せない!教え方のコツは?

幼稚園や小学校でも、冬の授業や活動では縄跳びが取り入れられていますね。 縄跳びを …

88db870d6441a676db24765b5921813f_s
子供が手洗いを嫌がってしてくれない!習慣にさせる方法と便利グッズ

天気がいい日の外遊びは、子供にとっても大人にとっても気分転換になりますね。 でも …

233278
入園式・入学式のスーツでママはレンタルと購入どっちがお得?

子供の入園式は一大イベントですが、ママにとっては着る服に悩むところですよね。 フ …

04062532cd473d42a64402d0ff5c4712_s
オムツSサイズはいつから?期間は?まとめ買いの注意点や残ったおむつの使い道も紹介!

赤ちゃんのお世話に欠かせないオムツ。 産まれてすぐはだいたい新生児サイズですが、 …

e1a6540577d2261ec66b624870c85f76_s
インスタントラーメンって子供はいつから食べてもいいの?悪影響や注意点も!

子育て中は、ママ自身が食事をとる時間もありません。 パパッと作れるカップラーメン …

no image
赤ちゃんの目の周りにプロペトはOK?洗い方は?顔の保湿でオススメは?

赤ちゃんが離乳食を始める時期になるとよだれの量が急激に多くなりますね。 食べたい …

dfa11ddafad982a5ab30319b5166cbd3_s
体温が左右で違うのはどうして?正しいのはどっち?正しく測るコツも!

子どもは熱を出しやすいですね。 こまめに体温計をわきにはさんで熱を測ってみるけれ …

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s
ルイボスティーは赤ちゃんでも安心 効果は?いつから飲める?飲む以外の活用法も紹介

赤ちゃんの飲ませる飲み物と言えば、白湯や麦茶があります。 それ以外に赤ちゃんに安 …

口の周り 荒れ
唇の荒れの原因や対策で子供は?おすすめケア方法はコレ!

乾燥する季節は子供の唇が荒れてしまいます。 カサカサする程度ならば市販のリップク …