双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

紫外線が目に与える影響は?最近髪の毛の白髪が気になる人は対策を!

      2016/02/12

紫外線対策と言えば、日焼け止めを塗る事だと思いますが実際は、身体の黒い部分、特に髪の毛や瞳にも影響がある事が分かっています。

今回は紫外線が目や髪に与える影響とさの対策について紹介していきますね。

スポンサーリンク

紫外線の目への影響は?

よく昔から、直接肉眼で太陽を見てはいけないとされていますが、太陽の光はかなり強烈な速度と威力があるので、お部屋の電灯を見る様な気持で太陽を見てはいけないのです。

瞳は黒く見えるので全体が黒いと思われている人が多いですが、実際は、瞳の中心には透明なレンズとしての役割を果たす角膜と水晶体と言う透明な組織で構成されているので、太陽光を直接見る事により、眼球内部の光を屈折して像を結ぶ器官が焼かれてしまう危険性があるのです。

と言う事で、もし太陽光の写真などを撮影される場合は、カメラの液晶画面を斜めから見た角度でこっそり見るようにしましょう。

あとは撮影した画像で太陽を見るのがお勧めです。

なので、紫外線の目への影響を心配されている方は、外出時にはサングラスをかけて出かけましょう。

髪に与える紫外線の影響と白髪の関係は?

次に注意しなければならないのが髪の毛です。

帽子を被っての外出は当然と言う事にしても、帽子からはみ出している髪の毛の方が多い人も多いのが事実です。
表面積を少なくする為にも、髪の毛はまとめるようにしましょう。

最近年齢が若いにもかかわらず、自然発生的白髪が増えていると言う人が増えて来ています。

その原因の一つに紫外線によるダメージと言うのがあるのですが、髪の毛に対策する紫外線防止のスプレーなどがまだ少ないのが現状です。

では、髪の毛の紫外線対策はどうすればいいのでしょうか?

髪の毛の紫外線対策は?

将来、歳を取っても黒い髪で居続けたい方は、外出時の帽子着用は必然として、他に紫外線を防止するスプレーなどを使ってみてください。

スポンサーリンク

これだけでも白髪を発生させる速度を遅らせることは可能だと思います。

また、既に白髪が増えて来てしまっている方は、これ以上増やさない様にするためにも帽子を被って外出する様にしましょう。

スポンサーリンク

 - 紫外線対策 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

040639
日焼けした顔のアフターケアで赤みを消す方法は?皮むけした時のケアは?

春先からどんどん強さを増してくる紫外線。紫外線は、肌の日焼けの原因です。 本当は …

no image
水着で子供のラッシュガードは長袖?ジップアップ?日焼け防止効果は?

子供のラッシュガードを選ぶとき、長袖にしようか半袖にしようか、フードは必要かあれ …

078980
紫外線対策はいつから?うっかり日焼けをしない為にも早めの対策を!

日焼けは健康的なのでしょうか? 今ではそんな考えは時代錯誤です。 浴び過ぎた紫外 …

no image
ラッシュガードの砂が取れない!洗濯の注意点と取り方は?

夏の浜辺で気を抜いてしまうと、ひりひり日焼けで苦しむことになってしまいますよね。 …

146652
紫外線対策をしないと普通のほくろが皮膚がんに!?日焼け後は注意!遺伝子に影響?

真夏の時期、女性なら日傘や日焼け止めで紫外線対策を行いますが、男性なら何も処置を …

no image
顔のシミの対策の方法は?薄くする化粧品で40代男性におすすめは?

シミといえば、本気で消す場合はレーザー治療を受けることになりますが、レーザー治療 …

098326
紫外線が頭皮にダメージ!薄毛の原因!帽子で対策を

薄毛やハゲは男性に多い悩みです。 その原因にはいろいろあります。 食生活やストレ …

045325
アスファルトの照り返しでの日焼け防止対策は大丈夫?ネックカバーで対策を!

真夏の時期は本当に暑いからこそ、紫外線からしっかりと自分の肌をガードする、正しい …

205613
肌の負担が少ない日焼け止めはどんなの?子供におすすめベスト3は?

夏の厳しい日差しから子供の肌を守る日焼け止め。 その日焼け止めの質によっては、子 …

038963
オゾン層と紫外線 赤ちゃんの内から紫外線対策を!

昭和50年代位までは、子供も大人もそれほど紫外線対策に躍起になっていた~と言うこ …