双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

お酒を飲む前にいい食べ物は?空腹は胃痛の原因!?予防策は?

      2016/04/05

お酒を飲む席では、楽しい雰囲気にのまれて、ついついたくさん飲んでしまいがちです。
しかし、そのつけは翌日にしっかりと二日酔いとなって表れてしまうのです。

二日酔い対策は、実はお酒を飲む前から始めることで、効率的に対策することができるのです。
具体的な食品名を挙げて、二日酔い対策についてお話ししていきますね。

お酒を飲む前に食べておくといい食べ物は?

お酒を飲む席では、必ずおつまみがでてきます。
好きなおつまみを好きなだけ食べるのと、考えながら食べるのとでは酔い方に大きな差が出てくるのです。

まず、お酒を飲む前に食べることで、二日酔い対策になる食べ物は、脂肪とタンパク質が含まれていることがポイントです。
これらの栄養成分は、お酒と一緒になることで、アルコールの吸収をゆるやかにすることができます。
アルコールの吸収がゆるやかだと、急激に酔っぱらうことがなく、冷静に判断しながらお酒を飲み進めていくことができます。

ただ、脂肪とタンパク質がいいからといって、とんかつのような脂っこい食べ物は胃によくありません。
胃を保護しながらも、脂肪とタンパク質をとる必要があります。
タンパク質と脂肪といえば、乳脂肪があります。
よく、お酒を飲む前に牛乳をのんでおくといいといわれるのは、これが原因です。
ただ、お酒の席で牛乳は難しいはずです。
そこでおすすめがレーズンバターです。
レーズンバターは、おつまみとしてもよく出てくる食べ物です。
レーズンバターのバターは乳脂肪の塊であるため、アルコールの吸収を穏やかにします。
また、レーズンには果糖が含まれていて、これも二日酔い対策には効果的なのです。

タンパク質でおすすめな食べ物は、枝豆です。
枝豆は、調理過程で油を使わないため、胃に負担がかかりません。
同じ理由で、お刺身冷ややっこも二日酔い対策に効果的な食べ物です。

関連記事
お酒と牛乳の記事はこちら⇒

空腹にお酒は胃によくないの?

空腹時の胃は空っぽ状態です。
空っぽの胃に、突然お酒を飲んだとします。
するとお酒に含まれていたアルコールは、どんどん胃の粘膜を刺激し胃を痛め始めます。
同時に、アルコールの吸収を妨げるものがない状態のため、急激に胃からアルコールが吸収されます。
アルコールの分子は、とても小さいため脳にまで入り込みます。
急激なアルコール吸収は、血中アルコール濃度を急激に高めます。
これは大変危険なことです。

胃を保護する目的と急激な酔いを防止するためにも、お酒の前の食べ物は重要な役割があるのです。
胃の保護を目的とするならば、納豆オクラがおすすめです。
納豆やオクラには、ムチンとよばれる粘々した栄養素が含まれています。
ムチンは、胃の粘膜を保護し、乳脂肪と同じようにアルコールの吸収を緩やかにしてくれますよ。

二日酔い対策でお酒を飲む前の予防策として食べ物を食べるタイミングとコツは?

二日酔いとは、血中のアルコール濃度が急激に高くなってしまい、翌日まで酔いが残っている状態のことです。
この二日酔い対策は、お酒が胃に入る前に何を胃に入れておくかがポイントです。

あまり早くから胃に食べ物を入れておいても、消化されてしまい意味がありません。
一番いいタイミングはお酒を飲む30分程度前に、軽く胃に食事を入れておき、あとはお酒を飲みながらおつまみとして食べることです。
二日酔い対策は、おつまみの選び方がとても重要です。

できることなら、お酒の席に移動する30分前にヨーグルトを一つ食べて乳脂肪を胃に入れ、おつまみで枝豆や冷ややっこを注文するといいでしょう。

さいごに

二日酔いはつらいものです。
空腹時のお酒は胃にとても負担がかかります。
空腹時の飲酒を繰り返せば、慢性的な胃の疾患にもなりかねません。
お酒を飲む前のひと手間で、胃を傷めず、二日酔いにもならずに楽しくお酒を飲むことができるのです。

簡単だけど、効果が大きい食べ物を紹介しましたので、ぜひ試してみてくださいね。

 - 美容・健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

082153
冬の赤ら顔、ほてりの原因は何?皮膚が薄い?厚くする方法は?ブロッコリーを食べて美肌を手に入れよう!

生まれつきや、お酒を飲んだ時などに顔が赤くなる方以外に、すぐ顔が赤くなりやすい方 …

004900
お酒に水とスポーツドリンク違いは?二日酔い対策に一緒に飲んでいい?防止するにはいつ飲む?

お酒が好きな人を悩ませることは、二日酔いだけでなく酔っぱらってしまうことではない …

026592
夏風邪は油断大敵!知っておきたい3つの事 症状や原因・予防法・応急処置

夏風邪であっても、一気に大流行することもあり、子供だけではなく大人も注意が必要で …

176365
二日酔いの朝の対策で翌朝の朝食は?おすすめの飲み物は?

飲み過ぎによる二日酔いは辛いものです。 自分でできることはすべてしたはずなのに… …

ba0eb2458b715bd0ad5de9d9b324976c_s
夏野菜のなすの効果は?美味しい見分け方と保存で長持ちする方法は?

夏野菜といえばなすですよね。 揚げても炒めても、お味噌汁にいれてもおいしいですね …

no image
男性のシミ・ニキビ跡対策にファンデーションでパウダーとbbクリームの違いは?オススメは?

ここ数年、男性の肌をケアする意識が高まると同時に、シミやニキビ跡の対策をしたいと …

125676
夏バテ予防には夏野菜が効果的!体を冷やす理由と簡単レシピ

暑い夏がやってきますね。 夏は食欲がおちてしまいがちです。 そこで今回は、暑い夏 …

397228
飲み過ぎても二日酔いにならない防止策は?対処法で飲み物や効く食べ物は?

お酒の席は楽しく、明日の仕事を気にしつつもついつい飲み過ぎてしまうこともあります …

no image
シミにレーザー その方法と治療可能な種類は?期間はどれくらい?

シミがあることによって一気に老け顔に見えてしまう…。 女性だけではなく、男性もシ …

116966
健康診断で生活習慣の要改善を求められました、そのままにしておくとどうなりますか?

日々の生活習慣が乱れていると、昔は成人病とも言われていた「生活習慣病」になる!? …