双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

中耳炎に子供がなる原因は?症状は?自宅での対処法は?

      2017/12/24

子供がよくなる病気に中耳炎があります。

昔はプールやお風呂の水が耳に入って起こる病気だとも考えられていた頃もありましたが、全く関係ありません。

中耳炎ってどのような病気なのでしょうか。
我が家の場合は鼻水がずっと止まらなくて、違う病院に連れていって初めて中耳炎だと言われました。

中耳炎になる原因や子供のちょっとしたサインを見逃さないためにも、是非、読んでみて下さい。

関連記事

中耳炎と外耳炎の耳が痛い以外の症状の違いについての記事はこちら⇒

スポンサーリンク

中耳炎に子供がなる原因は?

中耳炎とは、悪い菌が耳に入り起こる病気です。
風邪などで鼻やのどの病気の際に、そこから耳に細菌が入りこんでしまうのです。
10歳くらいまでの子供がよくかかります。

なぜ子供に多いのかというと、それは耳の構造が関係しています。

子供の耳は細菌が侵入しやすい構造になっています。
子供の場合、耳と鼻をつなぐ耳管が短く水平に近い角度をになっています。
そのため、鼻水が出ると鼻の細菌が耳にいきやすいのです。

子供は鼻水が溜まってもうまく出すことができません。
溜まった鼻水はくしゃみや咳によって耳に入り込み、細菌が増え炎症を起こし痛みを伴うのです。

そのため風邪をひいたら中耳炎を併発することはよくあることなのです。

中耳炎の子供の症状やサインは?

中耳炎の主な症状は発熱耳の痛み耳垂れ聴こえにくいなどがあります。

大人なら言葉できちんと説明できますが、子供だと痛い場所がはっきりわからずうまく説明することができません。

しぐさや少ない言葉で判断するしかありません。

乳児の場合には

ぐずぐずと泣き不機嫌
痛みで眠れずミルクも飲まない
耳に手を持っていったり、首を振る

などのしぐさで、痛みと不快感を示してきます。
そのため最初は、ただぐずっているだけだと思うかもしれませんが、あまりにも普段と違う様子が続くようなら病院で診てもらいましょう。

幼児の場合でも、「耳が痛い」と言えても、耳のどの部分なのか、ぶつけた痛みなのかチクチクした痛みなのか、詳しくは聞き出せません。
時には耳が痛いのに「頭が痛い」と言うこともあります。

しかも中耳炎の症状の出方は突然です。
朝は元気だったのに夕方になったら急に腫れることがよくあります。

スポンサーリンク

「痛い、痛い」と泣き続け、ママはどこが痛いのか、なぜ痛いのかわからずびっくりしてしまうこともあるでしょう。

発熱して鼻水が出ているときに、耳や頭が「痛い」といった場合には中耳炎を疑って病院に行きましょう。
また、風邪が治まったと思った頃に痛みが出ることもあります。

中耳炎の症状はそれほど長引かず2.3日で治まる場合がほとんどです。
しかし耳の奥の膿はゆっくり抜けていきますので、痛みがなくなっても完治しているわけではなく、数週間あるいは数ヶ月かけて治っていきます。

中耳炎の子供の自宅での対処法は?

中耳炎を疑ったらすぐに病院に行くのが一番いいのですが、夜間や休日などですぐ行けない場合にはとりあえず自宅でケアしましょう。

中耳炎は症状が出たときにすぐに治療が必要なケースはほとんどありませんので、痛みが強く出ていても心配しないでください。

[自宅ケアの方法]

冷やす

耳の痛みには冷やすのが効果的です。耳の後ろや下などを冷やしてあげましょう。
保冷剤は冷えすぎないようにタオルなどにくるんで使いましょう。

室温もあまり高くせず、涼しい場所のほうが痛みを和らげるのには有効です。

痛み止めを使う

冷やしても痛みが治まらない場合には、病院でもらったものや市販の小児用の鎮痛剤があれば使いってもかまいません。

耳垂れを拭く

膿が耳から出てくるのが「耳垂れ」です。清潔に保つためにも、耳垂れがある場合にはこまめに拭き取りましょう。

耳の入り口に垂れてきたものを拭き取る程度で、奥まで無理に拭くことはしないでください。

自宅ケアをして症状が治まっても、翌日には必ず病院に行きましょう

中耳炎は症状が治まっても適切な処置をしないと、膿が残ったままで治療が長引いたり手術が必要になることがあるので、キチンと治療をしておきましょう。

最後に

中耳炎にかからないためには、鼻づまりを治すことが大切です。
鼻吸い器などを使ってこまめに鼻水を吸うことで、中耳炎の予防になります。

鼻水がひどくて大丈夫かな?と思ったら小児科や耳鼻科で診てもらいましょう。

病院によっては一度診てもらうと次回からは診察なしで鼻吸いだけやってくれる所もあるので、いろいろリサーチしてみるといいですよ。

関連記事
家で出来る鼻水対策の鼻吸い器でオススメの記事はこちら⇒

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

073109
静岡県のマリンスパ熱海は水遊び用おむつでプールに入れる?つま恋ウォーターパークは?パルプールは?

インターネット上でも議論になる事が多い水遊び用おむつでのプール遊び。 しかしどこ …

no image
上履きの汚れがつく前の防止法はパウダー?靴のスプレー?手軽なのは?

子供の上靴ってすぐ真っ黒になってしまいますよね。 泥汚れ専用の洗剤を使ってみたり …

127125
赤ちゃんの虫除けと日焼け止めは一緒でもいい?対策でオススメは?

暖かくなってくると、赤ちゃんとの外出が楽しみになりますね。 やっと歩けるようにな …

485987
幼稚園児の縄跳びの教え方は?跳び方の練習方法や回し方はどうやるの?

幼稚園に入園すると、縄跳びを使う機会が増えます。 自分の子供が縄跳びが飛べないと …

cf925f991a812cfab0f6d55483c40074_s
ジュニアシートとブースターシートの違いは?おすすめは?

そろそろチャイルドシートからジュニアシートに移行したい。 でも、ブースターシート …

ストライダー
ストライダーとへんしんバイクの違いは?4歳ならどっち?注意点は?

4歳から小学校入学までの子供にとって、自転車に乗れることは大きな目標です。 最近 …

e7ab796ed84d4a7b2b61c0751c506de7_s
赤ちゃんの唇にできた吸いだこは治る?予防方法は?白いのはなぜ?

産まれたばかりの赤ちゃんの唇には、吸いだこができることがあります。 これは赤ちゃ …

うがい 子供2
うがいって子供はいつからできるようになる?ブクブクうがいの教え方とガラガラうがいも!

幼児の歯磨き後のぶくぶくうがいや、風邪予防のガラガラうがい、いつごろから教えたら …

147740
赤ちゃんの暑さ対策 部屋ではアイスノンが寝汗対策に効果的!出来てしまった汗疹は?

子供は小さいうちは体温調節が上手にできないものですから、しっかりとお母さんが管理 …

6176f824da792afd7b95c52a55c14798_s
子供に卵かけご飯はいつから?気をつける事は?

卵かけごはんは、飲み込みしやすく食欲がないときでも食べられるものですね。 子ども …