双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

新生児の唇にできる吸いだこって何?いつまでできる?

   

産まれたばかりの赤ちゃんの上唇にできる「吸いだこ」。

場所的にも目立つ位置なので、気にしてしまうお母さんも多いのではないでしょうか。
一体どんな原因で起こり、どれくらい大きくなれば治るものなのか、まとめてみました。

スポンサーリンク

新生児の唇にできる吸いだこって一体何?

産まれたばかりの赤ちゃんの、上の唇の中央辺りにできる丸い肉刺(まめ)のようなものが吸いだこです。
ほとんどの赤ちゃんが上唇にできますが、まれに上と下両方にできる赤ちゃんもいます。
なぜこのような吸いだこができてしまうのでしょうか?

原因その①

新生児は皮膚が薄くて弱い!

新生児の皮膚はまだまだ薄く弱いものです。
特に唇は皮膚の中でもとても薄い場所なので、ちょっとした刺激や摩擦にも弱い場所。
授乳や哺乳瓶を吸う動作を、1日に何度も繰り返すことで、薄い皮膚に摩擦圧がかかってしまうことで吸いだこができます。
ただこれは異常などではなく、新生児の多くが経験するもの。
特別心配する必要はありません。

原因その②

吸い方が未熟!

新生児は生まれてすぐに母乳を吸うことができます。
しかし、くわえ方や吸い方が未熟なので、唇を内側に巻き込みながら飲んでしまったり、深くくわえ過ぎたりしてしまうことも原因のひとつです。
これは、無理やり直そうとしても難しいので、授乳回数を重ねて経験を積むしかありません。

その間、吸いだこはそのままになってしまう上、さらに授乳で摩擦の圧がかかってしまいます。
しかし、赤ちゃん本人が吸いだこを痛がったりすることはあまりないため、気にせず授乳を続けていけば良いです。

吸いだこが唇のできるのはいつまで?

吸いだこは、遅くても4カ月ごろまでにはできなくなると考えてよいでしょう。
できては治り、できては治る吸いだこ、いつまで繰り返されるのか不安になっているお母さんもいるかもしれませんが、心配しなくて大丈夫です。

スポンサーリンク

3~4カ月ごろになるとだいぶ体もしっかりと発達し、新生児のときと比べると皮膚も丈夫になっています。
3~4カ月の間しっかり授乳を続けていれば、赤ちゃんの唇の皮膚も摩擦により強くなるので、吸いだこもできにくくなります。
気付いたときには「あれ?できていない!」と感じるでしょう。

ただ個人差があるので、いつまでに治るという断言はできません。
一般的な目安として、3~4カ月ごろと考えておいてください。
もし4カ月過ぎても全く良くならない場合は、健診で専門医に相談してみるとよいでしょう。
     

吸いだこに治療は必要?

吸いだこは特別なことではなく、新生児にはよくあることだと分かっても、痛々しく見えてしまう人も多いのではないでしょうか。
しかし、基本的に吸いだこを治療したりする必要はありません。

幼いころ、鉄棒を何度も練習したときに、手に肉刺(まめ)ができた経験をお持ちの親御さんも多いのでは?
吸いだこは肉刺と同じです。
弱かった皮膚は、何度も何度も練習を重ねることで、次第に摩擦に強くなり、皮膚自体が丈夫で強く進化していくのです!

実は筆者も、吸いだこを初めて見たときはとても驚きました。
まだ産院に入院中だったため、助産師さんにすぐ相談したところ「一生懸命飲んでいる証拠!勲章!」とほめられたくらいです。
ですから、温かく見守るくらいの気持ちでOKなのです。

ただし、めくれてきて邪魔になった皮膚を取り除いてあげ、唇が乾燥して悪化しないように保湿ケアをすることなどは大事です。
臨機応変にケアをプラスしてあげるようにしましょう。

さいごに

いかがでしたか?
吸いだこは新生児の赤ちゃんが、一生懸命おっぱいを飲もうと頑張っている証です!
産まれたて赤ちゃんのチャームポイントでもあるので、あえてたくさん写真におさめておいても良いですね。

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

6c325e409d3493784e74a0bdc7c1c390_s
唇の乾燥対策で赤ちゃんはどうする?切れてしまった時は?

赤ちゃんの肌はとてもデリケート。 特に唇の皮膚は他の皮膚に比べて薄いので、乾燥や …

赤ちゃん 二重5
赤ちゃんが二重になるのはいつから? 遺伝も関係する?二重にする方法はあるの?

赤ちゃんが無事に産まれて、その可愛さの喜びと一緒に 赤ちゃんの顔がお母さん似なの …

赤ちゃん 肌荒れ 洗濯
赤ちゃんのなかなか治らない肌荒れの原因は洗濯洗剤かも!?手荒れしないオススメは?

すべての赤ちゃんの肌は、ゆで卵のようにツルツルしているものと思っている人が多いの …

Print
ブースターシートとチャイルドシートの違いは?オススメはこれ!

チャイルドシートは安全性には申し分ない構造ですが、少し大きくなってくると窮屈で子 …

17cc204539fb2c2b69b06a4eb03aad94_s
子供の靴にマジックで名前を書きたくない!何か方法は?100均グッズで使える物は?

子供の靴に名前を書くことは、ちょっと前まで常識でしたよね。 でも、最近は靴に書い …

30ca3d397e37eabed123c953d97e45ba_s
抜けた乳歯を飲み込んだらどうしたらいい?心配な症状とは?

子供の乳歯は食事中に抜けることも多いため、子どもが気づかないうちに 食べ物と一緒 …

039639
鼻糞を食べるのをやめさせたい!なぜ口に入れるの?害は?

子供にありがちな行動のひとつに「鼻くそを食べる」というものがあります。 よくある …

06d779b757c80a3dd31a812afba02d8b_s
生後1ヶ月の赤ちゃんの外出は大丈夫?時間や服装は?

出産を終え、病院で1ヶ月検診が無事に終わると赤ちゃんの外出の許可 が出ます。 そ …

815f141fd9def78ea575622b83416265_s
生ハムを子供が食べてもいいのは何歳から?塩分を抜くには?喜ぶレシピも!

子供は、成長とともに色々な食べ物に興味を持ち、大人が食べている物を欲しがったりす …

204983
ジュニアシートの座面のみはいつから?安全性は?寝る時の姿勢の対策は?

子供を車に乗せるとき、チャイルドシートはとても重要なものです。 しかし、年齢が3 …