双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

洗剤と水だけで簡単シャボン玉液 種類は?割れにくい作り方は?

      2016/07/30

子供が幼稚園に入園する前は公園でシャボン玉をよくするものです。
ただ、小さな子供はシャボン玉を追いかけることに夢中になり、すぐに液をこぼしてしまいますね。
ショップでも詰め替え用のシャボン液がうられていますが、実は家にある身近なものでシャボン液は簡単に作れます。

今回は、経済的に作れるシャボン液についてお話しします。

関連記事 
小さい子に安全なシャボン玉液の作り方に関する記事はこちら⇒

スポンサーリンク

洗剤と水だけでシャボン玉液を作りたい!

洗剤と水だけでもシャボン玉液は作れるんですよ。
混ぜ合わせる比率は洗剤が3で水が2ですよ~。

親子で遊ぶなら、洗剤300mlと水200mlを混ぜると500mlのシャボン玉液ができるので、500mlのペットボトルに入れて持ち運びができるからとっても便利。
ただ、ちょっと洗剤が多めだから小さい子供には心配かもしれないですね。
そんなときには、洗剤150mlと水100mlを合わせて作ってもいいですよ。

吹く道具は、ストローが一番簡単だけど小さな子供は飲み込む危険があるから心配な方は、アルミホイルを棒状にして丸く輪っかにしてあげるといいよ。
金魚すくいで使うポイの形にすれば口を直接つけないでシャボン玉を作ることができますよ。
アルミホイルだとうまくできない場合は、針金ハンガーを丸くしても代用できますよ。
針金ハンガーの場合は、洗剤が浸み込まないから針金の周りに毛糸を巻くと上手にシャボン玉ができます。

ストローを使う場合でも、横に2ヶ所小さな穴をあけておくと吸い込みづらくなりますよ。

シャボン玉液に使う洗剤の種類は何がいいの?

シャボン玉は洗剤でも石鹸でもできるんです。
界面活性剤が35%以上入っている洗剤を使うと割れにくいシャボン玉ができるんですよ。
例えば、台所の食器洗い用洗剤がいいかな~。
中性洗剤で液体だから水とも混ぜやすいよね。
ただ、合成洗剤は飲み込んでしまったときは大変!
もしも飲み込んでしまう可能性がある場合には浴用石鹸か脂肪酸カリ石鹸を使ってね。

スポンサーリンク

割れにくいシャボン玉の作り方は?

洗剤と水でも立派なシャボン玉液だけど、割れにくいシャボン玉を作る作り方も紹介するね。
割れにくいシャボン玉も家にあるもので簡単に作ることができるの。
まず、砂糖を用意してね。

作り方は水100mlを鍋で熱してカルキをぬくの。
カルキは沸騰させて冷ませば抜けるからね。
もしも時間がなかったら、浄水器の水でも大丈夫だよ。
人肌程度にお湯が冷めたら、小さじ1杯の砂糖を溶かしてね。
シャボン玉が割れる原因は、水分の蒸発にあるの。
だから、シャボン玉の水分が蒸発しないように親水性の高い物質を混ぜることで割れにくくなるんだよ。
砂糖は親水性が高くて、家庭にある手軽なものだよね。
砂糖水ができたら、洗剤150mlを混ぜてできあがりだよ。
親水性が高いものであれば、グリセリンや洗濯のりも使えるよ。
洗濯のりを使う場合には、ポリビニルアルコールが成分になっている物を選んでね。
洗濯のりを使う場合は、シャボン玉液を作ってから数時間置いておくとさらに割れにくくなるよ。

割れにくいシャボン玉液を作るには、砂糖やグリセリン、洗濯のりなどの親水性が高い物をまぜればいいんだね。

そして、色をつけたければさらにブランデーやラム酒を少し混ぜてみるといいよ。
光に当たると、レインボーカラーになって輝くよ。
お酒が入るから、子供には要注意だけどね。

さいごに

小さな子供にとって、シャボン玉はとても魅力的です。
小さなうちはママが吹いて追いかけるだけでも楽しそうです。
今回紹介したシャボン玉液の作り方は、割れにくさを追求しているため子供が飲み込んだ時は危険です。
小さな子供がシャボン玉をするときには、直接口につかないシャボン玉の作り方をしましょう。

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

akachan_yonaki
赤ちゃんの中耳炎のサインと症状は?見分け方は?

中耳炎は赤ちゃんが発症しやすい病気の一つです。 放っておくと、再発しやすくなった …

039639
鼻糞を食べるのをやめさせたい!なぜ口に入れるの?害は?

子供にありがちな行動のひとつに「鼻くそを食べる」というものがあります。 よくある …

cf925f991a812cfab0f6d55483c40074_s
ジュニアシートとブースターシートの違いは?おすすめは?

そろそろチャイルドシートからジュニアシートに移行したい。 でも、ブースターシート …

レインカバー
ベビーカーの寒さ対策にはレインカバーがオススメ!インフル対策や花粉にも!?

ベビーカーに赤ちゃんを乗せていると、温度管理が難しいですね。 それに、冬はインフ …

815f141fd9def78ea575622b83416265_s
生ハムを子供が食べてもいいのは何歳から?塩分を抜くには?喜ぶレシピも!

子供は、成長とともに色々な食べ物に興味を持ち、大人が食べている物を欲しがったりす …

071605
体操服のいろいろな汚れにもオキシクリーンだけで解決できる!?落とせない汚れは?

子どもの体操服の汚れは、汚れの種類も多くてきれいにすることはなかなか大変ですよね …

no image
上履きのゴムの部分の名前を消す方法は?上手に消せない時の方法も!

成長期の子供の上履き、サイズアウトが早くすぐに履けなくなることも多いですよね。 …

725b600b13151f35ec8cf5d9a966297c_s
歯磨きの仕上げ磨きは何歳まで必要なの?

赤ちゃんの頃から毎日続けてきた仕上げ磨き。 お子さんが大きくなってきたある日、ふ …

ec4db5d531723a9649c228cd3b68234c_s
ローストビーフを子供が食べても大丈夫なのは何歳から?注意点は?

クリスマスシーズンやお正月などに食べる機会の多いローストビーフ。 スポンサーリン …

035524
ランドセルの購入はどっちの親?いつ?学習机の必要性は?

小学校の入学式が迫ってくると、色々な物を用意しなければいけませんが、その用意する …