双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

安全なシャボン玉液の作り方は?割れない方法と子どもが誤飲してしまったら?

   

子供はシャボン玉が大好きですね。
まだ歩けない小さな子でもママがシャボン玉を吹いてあげると手を伸ばします。
歩けるようになればシャボン玉を追いかけることで足が鍛えられます。
そして、自分で吹けるようになるとさらに遊びの幅は広がりますね。
ただ、シャボン玉液の誤飲は後を絶ちません。

今回は、家庭でシャボン玉液を手作りする場合の安全な作り方をお話しします。

スポンサーリンク

小さい子にも安全なシャボン玉液の作り方は?

家庭でできる安全なシャボン玉液の作り方を紹介しますね。
シャボン玉は石鹸に含まれる界面活性剤と水でできているの。
だから、石鹸と水があればシャボン玉液は簡単に作ることができるんですよ。
ただ、使う石鹸を選ぶときには注意が必要ですよ~。

市販されているシャボン玉液は界面活性剤の量がとても少なくなっているんです。
一方で家庭の台所で使う合成洗剤は界面活性剤の量がとても多いの。
大人が吹くときには中性洗剤が便利だけど、子供が吹くときには浴用石鹸が一番簡単で安心ですよ
浴用石鹸とは、牛乳石鹸とか花王のホワイトとか固形石鹸のことですよ。

固いから水に溶かす手間がかかるけど、100mlのぬるま湯に小さく削った固形石鹸を入れて溶かしてね。
濃度は、少しずつ溶かしながら時々吹いてみて加減してみましょう。
よく、お風呂の中で手だけでシャボン玉を作って遊ぶでしょ?
あのくらいの濃度がちょうどいいんですよ。
意外と濃い濃度だから子供と一緒に遊びながら頑張って溶かすのも面白いですよ。

ただ、浴用石鹸の水溶液は、時間がたつとどろんと粘りが出てシャボン玉ができなくなってしまうの。
作り置きができないところが短所だけど、安全で子供も一緒にシャボン玉液を作ることができるんだ。

浴用石鹸の他にも、液体せっけんで成分が脂肪酸カリ石鹸なら安全ですね。
赤ちゃんの肌着洗いに使う無添加の粉末石鹸も安心ですよ。

スポンサーリンク

シャボン玉液を作るとき、子供はどうしてもこぼしてしまいますよね。
石鹸は、こぼしてしまうと丁寧に拭いてもぬめりはなかなか落ちないものなの。
転倒の危険があるから、シャボン玉液を作るときはシンクなどこぼしても大丈夫な場所で作ってね。

シャボン玉の割れない作り方は?

安全なシャボン玉は時間がたつとともに割れやすい欠点があるの。
もしも割れにくい安全なシャボン玉液を作るならはちみつ砂糖をいれてみるといいですよ。
お料理感覚で楽しそうでしょう。
砂糖やはちみつなら、子供にも安心して使えますね。
割れにくくなる原因は化学的な理由があるのだけど、子供といろいろなものを混ぜて実験してみるのも楽しいですよ。

シャボン玉は天気や湿度によっても大きさや割れやすさが違ってくるの。
何を混ぜると割れにくくなるのか、どんな天気だと割れやすいのかを研究して自由研究として発表しても面白いですね。

子どもがシャボン玉液を誤飲してしまったら?

小さな子供がシャボン玉を吹くときは、台所で食器洗いに使う合成洗剤は飲んでしまうと危険だから使わないようにしましょうね。
合成洗剤は口に入ったとたんに、苦い味がするからたくさん飲み込むことはないと思うけど、もしも少量なめてしまったり、飲んでしまったときはコップ1杯程度の水を飲ませて薄めてあげてね。

アルカリ性の洗剤を使うことはないと思うけど、もしも使って飲んでしまったときは吐かせずに病院へ連れて行ってね。

中性洗剤とアルカリ性の洗剤とでは応急処置の方法が違うから注意が必要ですよ。
あとは、コップにシャボン玉液を入れて子供に渡すことはやめたほうがいいですよ。
なぜなら、子供はコップに入っているものは「飲んでもいい」と思ってしまうの。
だからいつもは絶対に飲み物を入れないような入れ物にシャボン玉液を入れるようにしましょうね。

さいごに

シャボン玉液は、子供用に市販されているものは界面活性剤の濃度に厳しい規定があります。

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
室内プールでも日焼け対策は?ラッシュガードは必要?着たままいると?

一昔前は、室内プールでは競泳用水着が当たり前で、それ以外の物の持ち込みを禁止てい …

106460
幼児のインフルエンザで食欲がない時はどうする?水分補給やオススメの食事は?

大人でも辛いインフルエンザ。 だるくて食事も摂れない状態が数日続くこともあります …

Print
夏場の自転車の暑さ対策は?前乗せ時の子供の日焼け対策も忘れずに!

心地良い季節になりましたね。 自転車にお子さんを乗せて、ちょっと遠くにお出かけし …

b066bd9ce915bc4237e31df746c5fcd3_s
フッ素入り歯磨き粉を幼児が飲み込むのは大丈夫?危険性は?おすすめなのは?

毎日の習慣である歯磨き、小さな子供は嫌がることも多くて大変ですよね。 唾液と一緒 …

aa73e7031b9866f9f6ea43c2995ce430_s
シュノーケリング子供は何歳から?おすすめは?

シュノーケリングは、小さなお子さんでも安全にできるとして人気のマリンレジャー。 …

240106
お名前アイロンシールの簡単きれいなはがし方は?ラバータイプと半透明タイプの違いは?

お名前アイロンシールは、耐久性があって見た目もかわいい布用のお名前シールです。 …

87b3121e9d0dbb15aa02138c6e31b3c6_s
オキシクリーンは洗濯槽の掃除にもってこい!?やり方は?量や頻度は?

大掃除の季節が近づいてきて、今年大人気になったオキシクリーンでシーツやカーテンを …

乳歯 抜けた1
乳歯が抜けたらどうする?止血の方法は?血が止まらないときは?

親にとって、子どもの乳歯が抜けて永久歯に生え変わることはうれしいものですよね。 …

120870
赤ちゃんのサンダルの選び方は?おすすめは?靴下は必要?

夏でも元気に遊ぶ子供たち。 足の発育のことを考えるとしっかり足にフィットするスニ …

fed6c271b1b17f9036167e3552814b2f_s
子供に緑茶うがいで風邪予防をさせよう!お茶うがいを嫌がらない方法は?

風邪の予防には、手洗いとうがいが大切ですね。 うがいは、正しいうがい方法でするこ …