双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

ジュニアシートの背もたれなしはいつから?助手席で使う時期や安全性について

   

0d3cd3b8aa9ba83d23493269aecb208f_s
これまでチャイルドシートを使用してきたお子さんも、成長とともにだんだん窮屈さを感じるようになってきます。
ジュニアシートに移行する場合、背もたれは使用すべきなのでしょうか?
背もたれありと、背もたれなしでどのような違いがあるのか知っておく必要があります。

今回は、ジュニアシートの背もたれなしを使うにあたり知っておきたい事のお話になります。

関連記事

子供がジュニアシートで寝てしまう時の快眠グッズについての記事はこちら⇒

スポンサーリンク

ジュニアシートの背もたれなしはいつから?

まず、ジュニシート自体の使用できる年齢や身長体重は、いつからとなっているでしょうか。

年齢・3歳以上
体重・15キロ以上
身長・100cm以上

(メーカーによって多少の前後がありますので、確認しましょう。)

ジュニアシートの使用ができるのは3歳以上になります。
背もたれなしでの使用ができるのは、平均して4~5歳くらいです。

背もたれを取り外せるジュニアシートの場合、いつから背もたれを外してもよいか明確な記載がないことも多いようですね。
中には3歳から使用できる背もたれなしのジュニアシートもあるので、あとは保護者の判断ということになるのでしょう。

メーカーやタイプによって、使用できる年齢や身長体重の規格が異なりますので、必ずお使いの製品の説明書の規格に従うようにしましょう。

また同じ3歳でも、身長や体重には個人差があるので、3歳に満たなくても体格が大きければジュニアシートを使えると思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、まだ3歳になりたてのお子さんやそれ以下のお子さんは、じっとして座り続けられないこともあります。
チャイルドシート、または背もたれのあるジュニアシートは、ホールド感がとても強いので抜け出しにくいという特徴があります。
それに対し、背もたれなしのジュニアシートは、お子さんがちょっと体勢を変えると簡単に抜け出せてしまうことや、ジュニアシートと車のシートの間におしりが入り込んでずれてしまうこともあります。

スポンサーリンク

車の中ではじっと座っていなければならない、ということがちゃんと理解でき、それに従うことができるようになるまでは、チャイルドシートか、背もたれのあるジュニアシートの方が適しているとも言えます。
いつから背もたれなしのジュニアシートにするかは、それぞれのお子さんの体格や車内での様子を見ながら判断するようにしましょう。

ジュニアシートの背もたれなしを助手席で使っていいのはいつから?

基本的にジュニアシートの背もたれなしを、助手席で使う場合の決まりはありません

法律では、ジュニアシートやチャイルドシートに乗せるという決まりはあっても、車のどの座席に設置すべきという決まりはないのです。
また、何歳から助手席に乗せてもよいという決まりもありません。
ですから、それは保護者の判断ということになりますね。

我が家の場合は、子供が小学生になってからはジュニアシートの背もたれなしを、助手席に設置して乗せていました。
もちろん安全面を考えれば、ジュニアシート使用の上後部座席に乗せる方が安全です。
しかし、帰省の際など長時間の車移動になると、子供も飽きてしまうことがあり、助手席に乗せて景色を見やすくしたり、運転している父親と話をしたりする機会を作りました。

何歳から、というはっきりした決まりがないので難しいところですが、小学生くらいになれば大人しく座っていることもできるし、大人の注意もしっかり受け入れることができます。
また、体格も大きくなってシートベルトが正しい位置に装着できるようになるので、助手席に乗せるのもそれほど抵抗なく感じるのではないでしょうか。

ジュニアシートの背もたれなしの安全性は?

背もたれなしのジュニアシートは、やはり背もたれのあるジュニアシートよりも安全性に劣ります。
例えば…

・側面の衝撃に弱い
・頭部への衝撃に弱い
・シートベルトが体に合っていないと危険
・眠ったときにもたれかかる場所がない

当然ですが、座面だけなので腰から上の衝撃を緩和するものはありません。
また、身長が足りていない場合、シートベルトが首に引っかかって危険になる可能性もあります。
安全性を考えるのであれば、やはりシートベルトを正しく締められる位置まで体が成長していること、また正しい姿勢で乗車できる年齢になってから使用する方が安心でしょう。

さいごに

背もたれなしのジュニアシートは、体への圧迫感が少ないので長時間乗っていても疲れないことや、熱がこもりにくく快適というメリットもあります。
いずれ使うことになるので、お子さんの成長や、兄弟関係などを考慮して検討してみましょう。

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
4歳の自転車14インチと16インチどっち?インチと身長は関係あるの?

4歳の誕生日に自転車デビューを考える人が多いといわれています。 4歳にもなると足 …

口の周り 荒れ
口周りが荒れる子供を何とかしたい!原因と今すぐできる対策は?

口周りが赤く荒れている子供をみていると、痛々しくて「何とかしたい」と思います。 …

no image
虫除けと日焼け止めの併用はどうなの?順番は?肌に塗る以外の工夫も

夏の暑いシーズンのお出かけに欠かせない、日焼け止めと虫除け。 どちらも大切なケア …

Print
ブースターシートとチャイルドシートの違いは?オススメはこれ!

チャイルドシートは安全性には申し分ない構造ですが、少し大きくなってくると窮屈で子 …

285217
赤ちゃんの飛行機の耳抜き 離着陸時のタイミングは?寝てたら?ミルクは持ち込みできる?

赤ちゃんを連れての遠方への外出は、準備も大変ですし、移動中も大変。なるべく避けた …

075779
2歳児のプール 水遊びパンツならオムツが取れてなくても遊べる?マナーは?

赤ちゃんのプールデビュー、 可愛い水着なども販売されていますがいざプールに連れて …

85ca3943e9d1831f2b41ed65dbf2deaa_s
電動自転車子供乗のタイヤの大きさは大きめがいい?坂道のパワーの違いは?体験談も!

子育てママに人気の、電動アシスト付き自転車。 2人~3人乗りまでに対応していて、 …

126744
ランドセルを安く買うには時期はいつがいい?メリットやデメリットは?失敗談も参考にしよう!

子供が小学生になるときに必要となるのがランドセルですが、最近のランドセルは高価な …

%e5%b9%bc%e7%a8%9a%e5%9c%92%e3%80%80%e6%b0%b4%e7%ad%92
幼稚園の水筒のサイズで年中は?大きな水筒を扱うコツは?

幼稚園は子どもも急激に成長する時期なので、水筒選びで悩みますよね。 とくに数百m …

no image
赤ちゃんのあせもにワセリンは悪化するのはなぜ?正しいケア方法と対策は?

赤ちゃんの肌は大人と比べて、とってもデリケートですね。 でも汗が出てくる汗腺の数 …