双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

ジュニアシートの背もたれなしはいつから?助手席で使う時期や安全性について

   

0d3cd3b8aa9ba83d23493269aecb208f_s
これまでチャイルドシートを使用してきたお子さんも、成長とともにだんだん窮屈さを感じるようになってきます。
ジュニアシートに移行する場合、背もたれは使用すべきなのでしょうか?
背もたれありと、背もたれなしでどのような違いがあるのか知っておく必要があります。

今回は、ジュニアシートの背もたれなしを使うにあたり知っておきたい事のお話になります。

関連記事

子供がジュニアシートで寝てしまう時の快眠グッズについての記事はこちら⇒

スポンサーリンク

ジュニアシートの背もたれなしはいつから?

まず、ジュニシート自体の使用できる年齢や身長体重は、いつからとなっているでしょうか。

年齢・3歳以上
体重・15キロ以上
身長・100cm以上

(メーカーによって多少の前後がありますので、確認しましょう。)

ジュニアシートの使用ができるのは3歳以上になります。
背もたれなしでの使用ができるのは、平均して4~5歳くらいです。

背もたれを取り外せるジュニアシートの場合、いつから背もたれを外してもよいか明確な記載がないことも多いようですね。
中には3歳から使用できる背もたれなしのジュニアシートもあるので、あとは保護者の判断ということになるのでしょう。

メーカーやタイプによって、使用できる年齢や身長体重の規格が異なりますので、必ずお使いの製品の説明書の規格に従うようにしましょう。

また同じ3歳でも、身長や体重には個人差があるので、3歳に満たなくても体格が大きければジュニアシートを使えると思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、まだ3歳になりたてのお子さんやそれ以下のお子さんは、じっとして座り続けられないこともあります。
チャイルドシート、または背もたれのあるジュニアシートは、ホールド感がとても強いので抜け出しにくいという特徴があります。
それに対し、背もたれなしのジュニアシートは、お子さんがちょっと体勢を変えると簡単に抜け出せてしまうことや、ジュニアシートと車のシートの間におしりが入り込んでずれてしまうこともあります。

スポンサーリンク

車の中ではじっと座っていなければならない、ということがちゃんと理解でき、それに従うことができるようになるまでは、チャイルドシートか、背もたれのあるジュニアシートの方が適しているとも言えます。
いつから背もたれなしのジュニアシートにするかは、それぞれのお子さんの体格や車内での様子を見ながら判断するようにしましょう。

ジュニアシートの背もたれなしを助手席で使っていいのはいつから?

基本的にジュニアシートの背もたれなしを、助手席で使う場合の決まりはありません

法律では、ジュニアシートやチャイルドシートに乗せるという決まりはあっても、車のどの座席に設置すべきという決まりはないのです。
また、何歳から助手席に乗せてもよいという決まりもありません。
ですから、それは保護者の判断ということになりますね。

我が家の場合は、子供が小学生になってからはジュニアシートの背もたれなしを、助手席に設置して乗せていました。
もちろん安全面を考えれば、ジュニアシート使用の上後部座席に乗せる方が安全です。
しかし、帰省の際など長時間の車移動になると、子供も飽きてしまうことがあり、助手席に乗せて景色を見やすくしたり、運転している父親と話をしたりする機会を作りました。

何歳から、というはっきりした決まりがないので難しいところですが、小学生くらいになれば大人しく座っていることもできるし、大人の注意もしっかり受け入れることができます。
また、体格も大きくなってシートベルトが正しい位置に装着できるようになるので、助手席に乗せるのもそれほど抵抗なく感じるのではないでしょうか。

ジュニアシートの背もたれなしの安全性は?

背もたれなしのジュニアシートは、やはり背もたれのあるジュニアシートよりも安全性に劣ります。
例えば…

・側面の衝撃に弱い
・頭部への衝撃に弱い
・シートベルトが体に合っていないと危険
・眠ったときにもたれかかる場所がない

当然ですが、座面だけなので腰から上の衝撃を緩和するものはありません。
また、身長が足りていない場合、シートベルトが首に引っかかって危険になる可能性もあります。
安全性を考えるのであれば、やはりシートベルトを正しく締められる位置まで体が成長していること、また正しい姿勢で乗車できる年齢になってから使用する方が安心でしょう。

さいごに

背もたれなしのジュニアシートは、体への圧迫感が少ないので長時間乗っていても疲れないことや、熱がこもりにくく快適というメリットもあります。
いずれ使うことになるので、お子さんの成長や、兄弟関係などを考慮して検討してみましょう。

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

靴 名前2
油性ペンで書いた名前の落とし方で靴の場合は?素材によって違う!?

保育園や幼稚園などに通っている場合、持ち物に記名は欠かせません。 その中でも名前 …

6176f824da792afd7b95c52a55c14798_s
子供に卵かけご飯はいつから?気をつける事は?

卵かけごはんは、飲み込みしやすく食欲がないときでも食べられるものですね。 子ども …

770d7954e438c3cf634bcde9141c092a_s
虫歯予防にシーラントはどうなの?子供にやるデメリットや費用は?

虫歯予防としてフッ素塗布などを実践されている方は多いですが、最近ではシーラントと …

65530b2c6c2bc2c18fe726e1302785ab_s
温泉で男の子が女湯にはいれるのは何歳まで?子供が1人ではいれるのは何歳から?

スポンサーリンク 赤ちゃんを卒業したら、少し遠出をして旅行を楽しみたいものですね …

72a94123a8247de4d5a60722460018bd_s
チャイルドシートで寝ると前のめりに! ならない対策と防止策は?

チャイルドシートは、子供を守るために必要な物とはわかっているけれど、チャイルドシ …

ストライダー
ストライダーとへんしんバイクの違いは?4歳ならどっち?注意点は?

4歳から小学校入学までの子供にとって、自転車に乗れることは大きな目標です。 最近 …

adeb48989f69acc03975e3b346826840_s
赤ちゃんに大人用の冷えピタは使える?発熱時に貼る場所は?効果が持続する時間も!

子供は急に発熱しますよね。 発熱に備えて便利なグッズがたくさん販売されていますが …

ƒvƒŠƒ“ƒg
インフルエンザの予防接種子どもはどうする?副作用は?予防法で注射以外は?

冬になると猛威を振るうインフルエンザ。 毎年11月頃から流行しはじめ、春先までそ …

fd8c60e52d04e6a6eccd068cb0edbed2_s
抜けた乳歯を捨てるのはちょっと待って!再生医療って何?どんな歯でも可能なの?

抜けた乳歯をどうしようかと悩むことがあります。 成長の記念に保管しておく人も多い …

no image
上履きの汚れがつく前の防止法はパウダー?靴のスプレー?手軽なのは?

子供の上靴ってすぐ真っ黒になってしまいますよね。 泥汚れ専用の洗剤を使ってみたり …