双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

縄跳びの後ろとびの教え方は?後ろ回しのコツや注意点は?

   

縄跳びの跳び方の中でも、子供がつまづきやすい「後ろとび」。
間違ったフォームや、恐怖心などがあるとなかなか跳べないものです。

大人が指導するときに、どんなことに注意したらよいでしょうか。
また、後ろ回しが上達するコツについても書いていますので参考にしてください。

スポンサーリンク

縄跳びの後ろとびの教え方は?

縄跳びの後ろとびの教え方で大事なのは、安心させる声掛けです。
恐怖心を少しでも取り払ってあげることで、正しいフォーム、正しいタイミングで跳べるようになってきます。

前とびは縄が目の前を通過するのでジャンプするタイミングが目で見て分かりますよね。
しかし後ろとびの場合、縄が見えない位置に行くので、足に引っかかって転んだり、体に当たったりすることに恐怖を感じやすいのです。
また、縄を振り上げたときに目の前を縄が通過するときに恐怖を感じる子供も少なくありません。
恐怖心があるとどうしても肩が上がり、その分脇が開きます。
体も前傾姿勢になるので、当然縄跳びに引っかかりやすくなるのです。
こうして怖がっている段階では、1~2回が限界で連続して跳ぶことは難しいでしょう。
教え方次第で苦手意識や恐怖心を取り除き、思い切って跳ぶことを教えることが必要です。

縄跳びの後ろとびの教え方で効果的なポイント
怖がらないように安心させること
腕を大きく回しすぎない

縄跳びの後ろ回しのコツは?

縄跳びの後ろとびのコツは、テンポがずれないように一定に跳ぶことです。
後ろとびは1~2回は跳べても、テンポよく跳び続けることができないという子は非常に多いです。
それは、手の動きとジャンプのタイミングがだんだんとずれてしまうことが原因です。

スポンサーリンク

また、ずれてしまうのは後ろ方向に縄を回すときに、腕の可動域が大きくなりすぎていることにあります。
後ろとびの場合も前とびと同じく脇をしっかり締め、腕と手首の回転を最小限におさえながら跳ぶことが大事です。
手の動きにムダが多いと、ジャンプのタイミングになかなか合わず、回数を多く跳ぶことも難しくなります。

よって、基本的には後ろとびのコツも、脇を締めて手首と肘から下の腕だけで跳ぶという意識が重要になるでしょう。
ただし、縄を構える位置は体より少し前に構えましょう。
実際にやってみると分かりますが、体の横に肘をつけて脇を締め、後ろに腕を回すのはちょっと無理な動きです。
肩甲骨の柔軟性がよほど優れていないとやりづらいので、手は少し前に構えて跳び始めるのがコツです。

縄跳びを教えるときは、一緒に飛ぶことが大事!

縄跳びを子供に教えるときは、一緒に飛びながら教えることが非常に大事です。
百聞は一見に如かず、言葉で伝えるよりも実際に親御さんが跳ぶ様子を見せながら指導したほうが、当然理解しやすくなります。
さらに、なぜ跳べないのか、どんなポイントで恐怖心を感じるのかなども分かってあげられるでしょう。
また、子供に勉強や運動を教えるとき、なかなかできない焦りや、言いたいことが上手く伝わらないストレスからイライラしてしまうこともありますよね。
なるべく「こうしなさい」「こうやったらダメでしょ」などと、叱るような指導にならないよう注意しましょう。
「どうやってみたら?」「こうして跳ぶと怖くないね!」などと、共感しながら一緒に上達していく雰囲気を作りましょう。

さいごに

後ろとびのコツについて解説してみましたが、いかがでしたか?
後ろとびが苦手な子が多い理由は、慣れていないことも大きいと思います。
前とびと同じように、何度も繰り返し練習していればいずれ慣れるものでもあります。
そのためにはまず、苦手意識や恐怖心を取り除いてあげることが大事ですね。

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

Print
ジュニアシートで寝ると頭が心配 子供が車で寝る時のオススメ枕とグッズは?

子供の成長とともに、チャイルドシートからジュニアシートへ移行していきます。 ジュ …

88db870d6441a676db24765b5921813f_s
子供が手洗いを嫌がってしてくれない!習慣にさせる方法と便利グッズ

天気がいい日の外遊びは、子供にとっても大人にとっても気分転換になりますね。 でも …

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s
ルイボスティーは赤ちゃんでも安心 効果は?いつから飲める?飲む以外の活用法も紹介

赤ちゃんの飲ませる飲み物と言えば、白湯や麦茶があります。 それ以外に赤ちゃんに安 …

171637
赤ちゃん麦茶の保存期間 市販のペットボトルや粉末と煮出し水出しは違う?

子供から大人まで安心して飲める麦茶。 ノンカフェインだし味にクセがないのでごくご …

246405
安全なシャボン玉液の作り方は?割れない方法と子どもが誤飲してしまったら?

子供はシャボン玉が大好きですね。 まだ歩けない小さな子でもママがシャボン玉を吹い …

アタマジラミ
アタマジラミ駆除はシャンプーよりくしがいい!?楽天でオススメは?消毒法も

アタマジラミは昔も今もやっかいなものですよね。 最近は駆除するグッズや薬剤も便利 …

126744
ランドセルを安く買うには時期はいつがいい?メリットやデメリットは?失敗談も参考にしよう!

子供が小学生になるときに必要となるのがランドセルですが、最近のランドセルは高価な …

831e3c6b808222b12fd450ff73be3ddc_s
牡蠣などの貝類を子供が食べていいのは何歳から?注意する事と食中毒対策も!

牡蠣は海のミルクと呼ばれるほど栄養が豊富です。 子供にも食べさせてあげたいと思い …

no image
体操服の泥汚れの落とし方は石鹸が効果的!?比較してみました!洗剤は落ちない?

学校の体操服は最初のうちは真っ白だけど、すぐに茶色い染みがついてしまいますよね。 …

0a218ef605370a8d8df135b6a76a513c_s
子供が発熱時の座薬のタイミングは?解熱剤は何度から?

「子供はよく熱を出す」とはいうけれど、実際に高熱が出ると驚くものです。 昔は熱が …