双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

ジュニアシートで寝ると頭が心配 子供が車で寝る時のオススメ枕とグッズは?

      2018/01/03

子供の成長とともに、チャイルドシートからジュニアシートへ移行していきます。
ジュニアシートは、チャイルドシートよりもボリュームが小さくなるため、車内を広く感じることができます。
しかし、チャイルドシートのように子供が横になって眠れる構造ではないため、不便に感じることもでてきます。

ジュニアシートに移行してからも、子供が少しでも快適に眠れるような工夫を紹介します。

関連記事

ジュニアシートの背もたれなしでもOkな年齢と助手席で使う時の時期についての記事はこちら⇒

スポンサーリンク

ジュニアシートで寝るときの頭の固定方法は?

ジュニアシートで子供が寝ると、体はシートベルトで固定されるので姿勢は保つことができます。
しかし、頭は固定できません。
信号ややむを得ない急ブレーキ時には、頭がガクンと前に振られて心配になりますよね。

ジュニアシートは、一定年齢、身長以上になったら座面だけを使用して使うことができます。
そうなるころには、子供自身も首がしっかりし、車の中で眠ってしまってもさほど心配はなくなります。
ただ、チャイルドシートからジュニアシートにかえたばかりのころは、まだ年齢が低いため、眠ってしまうとまったく意識がなくなってしまいます。
急ブレーキや事故の時には、首に伝わる衝撃はとても強く、事故直後は異変に気が付かなくても、時間がたつにつれてなにかしら症状が出るものです。
また、子供は身長と比較して頭が大きいのです。
そのため、大人以上に急停止は頭を振ることになるのです。

ジュニアシートには、頭部まで背もたれが続き、頭部周辺にガードがついている商品があります。
頭の周りを覆うことができるため、事故対策にはもちろん、眠ってしまったときの頭の支えにもなるのです。

子供が車で寝るときに使えるオススメの枕をご紹介します

子供が車で寝るときに気になることは、大きく2つあります。

まず、頭がシートベルトにもたれかかるため、ベルトの端で顔を傷つけるのではないかです。
シートベルトのベルト素材は、事故にも耐えられるように強く固い材質です。
子供の皮膚は柔らかいため、簡単にこすれて傷になってしまいます。
また、もう一つの心配がです。
子供は大人以上に汗っかきです。寝ているときも汗をかき、特に頭の汗の量はとても多いのです。
お店では、それらの問題を解決する枕が多数販売されています。

それが、ネックピロー型枕です。
ネックピロー型は首に巻き付けて使用するため、頭を固定できると思うママが多いです。
しかし、ネックピロー型は子供の首に合わなければ、しっくりこないため、子供は嫌がることがあります。
また、子供の中には首に巻き付けるものを嫌う子が多いのです。
子供は暑がりのため、最近ではネックピロー型枕も素材に工夫がされていますが、なかなかお気に入りを見つけることは難しいのです。

そこで、おすすめの物がシートベルト枕なのです。

これは、市販されているものではなくママの手作りの物です。
シートベルト枕
自分の子供が好きな生地を買ってきて、サイズも臨機応変に調整ができます。
また、シートベルトに固定できるため、落下の心配もありません。
ネックピロー型枕は、動きの激しい子供が使用すると、落ちてしまいます。
ママは運転中のため、拾ってあげることもできません。
その点、シートベルト枕は落下の心配がなく、子供も適度な空間があるため圧迫感を感じず使用することができます。
思った以上に、簡単に作ることができるので、ぜひお試しください。

作るのはちょっと・・・ってママにおすすめなのが

シートベルトに巻き付けるだけなのでとっても簡単。
汚れたらカバーを洗えるのもいいですよね。

子供が車で寝るときの快適グッズは?

子供が車で寝るときの快適グッズを紹介します。
まず、すでにご紹介したシートベルト枕です。
枕が用意できたら、あとは保温グッズです。
大人もそうですが、眠ってしまうと急に寒く感じるものです。
そんな時に使える保温グッズを車に積んでおくと便利です。
保温グッズで一番のおすすめはひざ掛けです。
ひざ掛けは、わざわざ購入してもいいですが、意外と家にあるものが使えるのです。
出産祝いにもらった新生児用の毛布やタオルケットは、子供のひざ掛けにちょうどいいはずです。
よく、ポリエステル素材のフリースを使うママがいますが、フリースは通気性がよくないため子供には不向きです。
汗を吸い取る綿素材、ガーゼ素材のひざ掛けを1枚車に積んでおいてみてください。

洗う度にフワフワに。すぐ乾くのでオススメです。
わが家の子供達は可愛いアニマルのアップリケがお気に入りですよ。

さいごに

子供は、車で寝てしまうことが多々あります。少しの睡眠でも、子供にとっては大切な睡眠です。
少しでも快適に過ごせるように、ご紹介した商品や手作りグッズを使って工夫してみてください。

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

731929a2f42af466875d86e8275ecec4_s
どんぐりの虫はどれくらい放置して出てこなければ安心?1匹出たらもう出てこないの?

子供にとって、どんぐりは小さな宝物です。 できればおままごとや工作に活用したいも …

104135
ヒートテックで子供が肌荒れに!?良くないの?対策は?着せ方で改善できる?

寒くなると、暖かい肌着が恋しくなりますね。 最近は、子ども用のあったか肌着も登場 …

aa73e7031b9866f9f6ea43c2995ce430_s
シュノーケリング子供は何歳から?おすすめは?

シュノーケリングは、小さなお子さんでも安全にできるとして人気のマリンレジャー。 …

383986
おねしょ対策ケットで寝ても漏れる!対策は?夜のオムツのはずし方のコツは?

おねしょ対策ケットを履いて寝たのに、布団が濡れている・・・ なんて経験ありません …

829df5dbc696755a7cb2f605d061894d_s
0歳に絵本はいつから?赤ちゃんの読み聞かせの効果やコツは?おすすめの絵本も!

赤ちゃんに絵本を読み聞かせる事が大事なのは分かるけど、いつから 始めたらいいのか …

769703
電子ピアノを買いに行ったのにピアノを買ってしまった理由

ピアノは子供の習い事の中でも人気のある習い事ですね。 でも、上達を望むならば自宅 …

30ca3d397e37eabed123c953d97e45ba_s
抜けた乳歯を飲み込んだらどうしたらいい?心配な症状とは?

子供の乳歯は食事中に抜けることも多いため、子どもが気づかないうちに 食べ物と一緒 …

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s
ルイボスティーは赤ちゃんでも安心 効果は?いつから飲める?飲む以外の活用法も紹介

赤ちゃんの飲ませる飲み物と言えば、白湯や麦茶があります。 それ以外に赤ちゃんに安 …

075091
赤ちゃんの鼻水を放置すると危険!?家での鼻水対策で中耳炎を予防するには?

大人も赤ちゃんも鼻水が出るメカニズムは同じです。 ほこりなどの異物で鼻粘膜が刺激 …

104725
子供の唇のひび割れ対策に!リップクリームなどの荒れに効果のある薬で薬局にあるものは?

立春が過ぎたこの時期は、エアコンやヒーターを何か月も使用し、肌の乾燥が一番進んで …