双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

うがいって子供はいつからできるようになる?ブクブクうがいの教え方とガラガラうがいも!

   

うがい 子供
幼児の歯磨き後のぶくぶくうがいや、風邪予防のガラガラうがい、いつごろから教えたらよいのでしょうか?

子供が親の話をしっかり聞き取り、意味を理解できるようになったらはじめどき。
お口の健康を保つためにも、そろそろうがいの練習を進めてみましょう!

スポンサーリンク

うがいって子供はいつからできるようになるの?

2歳ごろになったら、多くの子供はうがいをできるようになります。
環境や意欲など個人差が大きいので、いつからできるものと断定的には言えませんが、2歳ごろまでにはできるようになったほうがよいでしょう。

2歳ごろになると、もうほとんどの食べ物を食べることができるようになります。
完全に離乳食は卒業しています。
ちょっと甘いお菓子を食べている子もいれば、兄弟と一緒にチョコレートやアメなども食べ始めている子が出てきます。
そうなるとしっかり歯磨き粉で歯を磨き、うがいまでしっかりできていた方がお母さんとしても安心なのではないでしょうか。

「そろそろうがいが必要かも?」「うがいできるのはいつから?」と疑問に思ったら、練習のはじめどきかもしれません!

ブクブクうがいを子供に教える方法は?

ブクブクうがいの教え方は、このような手順でやってみましょう。
1. 口に水を含んで止める練習
2. ブクブクをやってみせる
3. 吐き出す

子供は口に水を含むと反射的に飲み込んでしまう子も多いです。
そこで一度ストップをかけて、口に水を含んだ状態をキープする練習からはじめましょう。
ブクブクの動きの教え方は、ちょっと難しいですよね。
これはやはり、自分が繰り返しやって見せることが一番の近道です。
「もぐもぐするようにやってごらん?」「カミカミしてごらん?」など、歯を上下に動かす説明をしてみるとよいかもしれませんね。
最初はほとんど飲み込んでしまい、最後に吐き出すのがほとんどつばだけの場合もあります。
それでも教え方通りの手順でできたときはたくさん褒めて、子供のやる気を引き出しましょう。

また、お風呂で練習させるのもよい方法です。
うがいの練習で、洋服が濡れてしまうと着替えの手間もあって面倒ですよね。
寝る前にうがいをして、パジャマが濡れると本当にがっくりきてしまうと思います。
お子さんも、口から水がこぼれて首元に入り込んだりするのが気持ち悪いため、うがいの練習を嫌がるかもしれません。
お風呂の中で遊びながらやらせてみると、案外すんなりできるようになるものです。

子供がうがいを嫌がるときはどうしたらいい?

子供がうがいを嫌がるときは、試行錯誤しながら色々な方法で誘ってみましょう。

スポンサーリンク

・「はみがきじょうずかな?」ごっこ
おかあさんといっしょの中に登場する、歯磨きのコーナーはおなじみですよね。
このコーナーに出てくる子供に、自分の子供をなりきらせてみると、喜んで歯磨きをしてくれることが多いです。
また、最後のうがいまでが一連の歌になっているので全体の作業がスムーズに進みます。

・機嫌のよいときに歯磨きを済ませる
子供は疲れていたり、眠かったりという理由で歯磨きやうがいを拒否することもあります。
そこで歯磨きは、子供が眠くなる前に済ませるというのも一つの方法です。
寝る直前に歯磨きするというイメージがあるかもしれませんが、必ずしもその必要はありません。
お子さんの機嫌がよいときや、余裕がありそうなタイミングを見計らって誘ってみるようにしましょう。

・「こうしなさい」「やりなさい」は禁止
うがいの教え方で大切なことは、子供が歯磨きやうがいという行為に興味を持って、やりたくなるように仕向ける必要があります。
「やりなさい」「こうしなさい」と堅苦しい教え方をしたり、怒りながら教えたりしてしまうと、子供はうがいを嫌がり、習慣づけるのも難しくなります。
一度高圧的な教え方をしてしまうと、子供も歯磨きやうがいに対して嫌なイメージを持つことも。
大人自身が疲れたり、イライラしたりしているときは適当でOKです。
焦ることなく、余裕のあるときに再チャレンジするようにしましょう。

ガラガラうがいの教え方とは?

歯磨き後のうがいと一緒に、風邪予防のガラガラうがいも練習しておくとよいですね。
3歳~3歳半くらいまでには、ガラガラうがいもできるようになるでしょう。

ガラガラうがいの教え方はこのような手順で説明していきます。
1. お水を口に含む
2. しっかり真上を向く
3. 「あー」と声を出してみる
4. 飲み込まずに吐き出す

「あー」と声をだすところや、うがいをやめた瞬間に、水を飲み込んでしまいやすいです。
これは根気よく練習していきましょう。

うがいの教え方で大切なことは、面白おかしくやってみせることです。
まず、子供がうがいという行為に興味を持って、やりたくなるように仕向ける必要があります。
「やりなさい」「こうしなさい」と堅苦しい教え方をすると、小さい子供はうがいを嫌がり、習慣にすることも難しくなります。

うがいの音の高さを変えて子供を笑わせたり、知っている歌の音程をとってうがいをしたりして、子供の関心を高めましょう。

さいごに

いかがでしたか?
まだまだできないだろうと思っていても、案外あっさり習得してしまう子もいます。
なかなかできない子も、コツさえつかめばできるようになるので、繰り返し教えてあげてください。
お風呂の中や毎日の歯磨きの後など、いろいろな場面でうがいの練習をする習慣をつけてみるとよいですね。

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

eccd7bf2007b3e0202e73df0f6a94355_s
靴下にアイロンシールをはるときはがれにくい場所は?名前付けにおすすめなのは?濃い色は?

靴下のお名前付け、場所や方法によってはすぐに取れてしまうので困っている方も多いの …

e6f68872281bc303fb3ad8be289fd09a_s
子供に豆腐を生であげてもいいのはいつから?冷奴の注意点は?

離乳食でも使いやすかった豆腐。 いつから生のままで子供にあげてもいいのか悩みます …

87b3121e9d0dbb15aa02138c6e31b3c6_s
オキシクリーンは洗濯槽の掃除にもってこい!?やり方は?量や頻度は?

大掃除の季節が近づいてきて、今年大人気になったオキシクリーンでシーツやカーテンを …

3bbc32dbad013c66a551673465ed32af_s
わさびは何歳から食べていいの?わさび入りのお菓子は?

離乳食が始まると、子どもにはたくさんの味に慣れてほしいと 思いますね。 甘い味や …

口の周り 荒れ
子供の口の周りが荒れる原因とは?対策や予防は?

冬場になると、口元の乾燥が気になりますよね。 中には、口周りが赤くただれたような …

6a36ebed0bebeb721b6f2756931b13f6_s
嘔吐した後の臭い消しでソファー等の布製品は?消毒やNGな事は?

子どもがノロウィルスやロタウィルスにかかると、子どももかわいそうだけどママも大変 …

98398cee015516036f5814c0eed7576e_s
赤ちゃんの深爪は治るの?治し方は?腫れてきた時はどうする?

爪切りは、赤ちゃんのお世話の中でも緊張するお世話の一つですよね。 生まれたばかり …

104725
子供の唇のひび割れ対策に!リップクリームなどの荒れに効果のある薬で薬局にあるものは?

立春が過ぎたこの時期は、エアコンやヒーターを何か月も使用し、肌の乾燥が一番進んで …

どんぐり リース
どんぐりの中の虫を処理してリースを手作りしよう!土台の材料は?

子どもにとって、どんぐり拾いや松ぼっくり拾いは楽しいイベントの一つですね。 拾っ …

092176
子どもがお腹すいたー!腹持ちのいい食べ物と果物は?バナナとヨーグルトで効果アップ!

活発に動く子供達は、エネルギー消費が激しく、すぐにおなかが空いてしまいます。 大 …