双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

たらこなどの魚卵の離乳食はいつから?選び方や食べさせる時の注意点も!

   

42b082823f604c30156604a2d9e1afa0_s
たらこや明太子はご飯のお供にピッタリの食材ですね。
子供のおかずが物足りないとき、アツアツのご飯にタラコを
のせてあげたくなります。
しかし、明太子やタラコなどの魚卵を子どもに与えるときには
気をつけたいことがあるのです。

離乳食でタラコをあげてもいいのはいつからなのでしょうか?
選び方や使う時の注意点についてもお話しします。

スポンサーリンク

たらこなどの魚卵を離乳食に使ってもいいのはいつから?使うときの注意点とは

明太子やタラコはいくらと同じ魚卵です。
魚の卵なので粒も小さく離乳食に適した食材のような気がします。
しかし、明太子やタラコはなのです。
基本的に小さな子どもに与える食事は、生食よりも加熱
のほうがいいでしょう。

離乳食に魚卵を使うときには注意点があります。
まず、加熱です。
明太子は辛さが強いため子どもには不向きです。
魚卵を使うならばタラコのほうがいいでしょう。

タラコは、焼きタラコにしてふりかけ状にほぐしてから
少量をご飯にのせてあげましょう。
加熱したタラコは水分が抜けてボソボソになります。
たくさん口に入れるとむせてしまうため、ご飯と混ぜて
あげてもいいですね。

もう一つ、大切な注意点があります。
それは食物アレルギーです。
実は魚卵もアレルゲンになることがあります。
いくらは赤くて見た目もきれいなため、子どもは食べたがります。
しかし、実はいくらは強いアレルギーを引き起こすこともあるのです。
アレルギーの可能性がある子どもには、消化器が十分に発達してから少量ずつ与えたほうがいいかもしれません。

たらこを子どもに与えるときのタラコの選び方

e9a860ab2bcb9c1bb3f2fd72bf46abcd_s
タラコを子どもに与えるときには、無着色のものを選びましょう。

スポンサーリンク

タラコや明太子は鮮やかな赤色をしているイメージがありますが、
赤色は着色料によって色付けされていることがほとんどなのです。
子どもには、できるだけ添加物が使われていないタラコを探して与えましょう。

スーパーに並んでいるタラコの値段は高いものから安いもの
まであります。
子どもに与えるときには高ければいいというわけではありません。
高いタラコは切れていないタラコであることが多いのです。
タラコは、軟らかく皮が薄いため加工の途中で切れてしまうことがあります。
そうすると「切れこ」と呼ばれて値段が安くなることがあるのです。

子どもに与えるタラコは見た目よりも中身が大切です。
子どもに与えるタラコは、真っ赤に着色された形の整った高いタラコよりも、無着色無添加の切れこのタラコの方がいいのです。
ただし、切れこは整った形のタラコよりも塩分が高くなっています。
与え過ぎてしまわないように注意しましょう。

タラコやいくらは栄養があるの?

c9f00484a1409177f735adaa0cd2c0a6_s
タラコやいくらは、プリン体があるから~
コレステロールが高いから控えている
という大人がいます。
確かに、魚卵にはプリン体やコレステロールが含まれています。

しかし、魚卵には子どもにとって大切な栄養であるDHAやEPAもたくさん含まれているのです。

また、子どもは見た目で食欲が左右されることもあります。
苦手な食べ物のわきに、いくらをちょっとだけのせただけでも、
子どもは面白がって食べたくなることもあるのです。

さいごに

スーパーには、塩漬けされたタラコが並んでいますが、
鮮魚店には冬になると塩漬けされていない生のタラコが並ぶ
こともあります。

子どもにタラコを与えるときには、生のタラコを買ってきて
加熱してあげれば塩分の心配はなくなりますね。

スポンサーリンク

 - 食べ物・レシピ ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_0351
ローストビーフを切ったら肉汁が赤いけど大丈夫?!対処法は?切るタイミングや裏ワザも!

ローストビーフ! クリスマスやお正月のおもてなしとして活躍してくれる 一品です。 …

c47d944c32ac4ddd7195b9f1a118e0da_s
ローストビーフの日持ちは常温で何日?スライスした肉は?長持ちさせるコツはこれ!

クリスマスやお正月、特別なイベントのときなどローストビーフ は活躍してくれますね …

023729
夏のダメージお肌を回復させるキウイは美肌だけじゃない!肉料理にも!デトックス効果のヘルシーメニュー

キウイフルーツと言うと、表面が毛深い皮に覆われている果物ですが、中は綺麗な緑色だ …

a63d01dd65c13e3c0caa53bbeed6fa5f_s
もつの下ごしらえの方法でもつ鍋の時は?油抜きはする?臭みの取り方も!

みなさんは鍋料理の中で何が好きですか? しゃぶしゃぶやチゲ鍋、最近ではトマト鍋な …

a63d01dd65c13e3c0caa53bbeed6fa5f_s
もつ鍋用のもつはどこで買う?種類とオススメな部位は?

だんだんと寒くなってきましたね。 寒い季節になるとお鍋が恋しくなります。 しゃぶ …

76f73d04d4bed11d828e88b141b5fb7e_s
牛すじの下ごしらえは水から?お湯から?おでんの場合は?残りのアレンジ料理も!

早いもので、今年も夏が終わり、だんだんと寒くなってきましたね。 寒くなってくると …

ccdee090b6650c08c8abecfdbd19e072_s
カレーの下ごしらえ前日どこまで出来る?冷蔵庫にいれるタイミングは?

カレーは好きな方が多く、親戚や子供のお泊まり会などでは大活躍 するメニューですね …

c4d3c0c4cbde624f79ce903e8d724964_s
ローストビーフを炊飯器で作ったら赤い血が!?牛肉は生でも食べられる?コツも!

ローストビーフは、表面を焼いてポリ袋と炊飯器の保温機能でおいしく作ることができま …

e7005ad86812f06482cbb6bbd6f4d273_s
みかんのカビを食べた子供の対処法は?食中毒の心配は?保存方法で生えにくくする方法も!

子供も大好きなみかん。 たくさん買ってゆっくり食べていたら、いつの間にかカビが生 …

蟹 解凍後1
蟹の解凍後の再冷凍はOK?加熱処理は必要?アレンジ方法も!

解凍した蟹をもらったり食べきれなかったりした時、すぐに 食べなければいけないとは …