双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

オムツSサイズはいつから?期間は?まとめ買いの注意点や残ったおむつの使い道も紹介!

   

80733d1baaeea2d9e4f3a883a33bb1e2_s
赤ちゃんのお世話に欠かせないオムツ。
産まれてすぐはだいたい新生児サイズですが、次のSサイズ
に変えるタイミングは赤ちゃんそれぞれで違います。

1ヶ月検診に行った時に、隣の赤ちゃんが既にSサイズのオムツ
だったりすると、新生児じゃなくなるし、うちの子もそろそろ
Sサイズに変えたほうがいいのかな?と気になってしまいます
よね。

今回はオムツをSサイズに変えるタイミングやSサイズのオムツ
をつける期間、そしてまとめ買いをするときに注意すること
についても紹介していきます。

スポンサーリンク

オムツSサイズはいつから?

オムツメーカーはいくつもありますが、実際どのメーカーも
目安として、だいたい4㎏~8㎏の体重の赤ちゃんにSサイズ
オムツを推奨しています。

これは決して4㎏に成長するまでSサイズをつけてはいけない
わけではありません。
あくまで目安なので、赤ちゃんの様子を見て早めにSサイズに
した方が良ければ、サイズアップしてあげましょう。

新生児サイズのオムツが小さくなってくると、おしっこや
うんちが漏れたり、太ももやお腹にゴムの痕がついたりし
始めます。

赤ちゃんが成長すると、今までのオムツがきつくなってくる
のはもちろんですが、おしっこやうんちの量も増えてくるので、
新生児サイズのオムツでは吸収しきれなくなるのです。
その状態になったら試しにSサイズのオムツをつけてみましょう。

赤ちゃんは自分からオムツが合う合わないを伝えることが出来
ないので、お母さんがよく様子を見てあげることが大切です。
もし、試してみた結果今はまだSサイズが大きくても、必ず
そのうちオムツのサイズは上がっていきます。

産後1ヶ月まではなかなか外出が難しいお母さんも多いと思う
ので、出産前からとりあえずSサイズのオムツを1パック置いて
おいても良いでしょう。
一旦Sサイズをつけてみて、背中や股の隙間からおしっこや
うんちが漏れたりする様子が無ければそのタイミングでSサイ
ズに上げてみてもいいかもしれませんね。

オムツSサイズを使っていた期間は?

f0d2dce5f6bf3c4c9696a3cd7632740b_s
Sサイズのオムツをつけている期間は平均的には生後1ヶ月~3ヶ月
の間が多いようです。
これは産まれた時の体重やその後の体重の増え方によって変わる
ので、あくまで目安です。

私は子どもが2人いますが上の子が3500グラム、
下の子が3100グラムで産まれています。
2人とも1ヶ月検診の時くらいからSサイズに変えましたが、
4ヶ月を過ぎた頃にはMサイズに変えていたので、実質3ヶ月
ほどしかSサイズは使いませんでした。

今は3000グラム以下で産まれる赤ちゃんが多いので、もう少
し長い期間Sサイズのオムツは使われているかもしれませんね。

Mサイズのオムツの目安の体重は6キロ~11キロです。
Mサイズへのサイズアップのタイミングは、先ほどの新生児→
Sサイズと同じで、オムツの痕がついたり、おしっこやうんちが
漏れだしたらMサイズへ変更してみましょう。

スポンサーリンク

オムツを無駄にしないために、まとめ買いのコツ、余った時の使い方について

オムツは新生児期は1日に10枚近く使っていましたが、Sサイズ
でも小まめにオムツ替えをするので、1日に5枚以上は使います。

赤ちゃんがいるとなかなか買い物にも出られないし、万が一
オムツを切らす事がないように、とまとめ買いすることが多い
ですよね。
まとめ買いをすることでネットで買う時に送料が無料になったり、
ドラッグストアでポイントが多めについたり、とメリットも多く
あります。

しかし、新生児用とSサイズは思っていたよりも意外に早く終わ
ってしまうので、あまりにたくさん買いすぎるとオムツが余っ
てしまいます。
余るのももったいないから、と赤ちゃんに小さめのオムツをつけ
るのも良くないですよね。
安くまとめ買いしたつもりが、無駄になってしまって逆に損を
してしまうのも避けたいところです。

まとめ買いをする時は、だいたい1ヶ月で使いきる3パックくらい
にしておきましょう。
そして、そろそろサイズアップかな?と考える時期が来たら、
今使っているサイズはとりあえず1パックだけ買って、安い時に
まとめて買うのはひとつ上のサイズにしておきましょう。

Sサイズをつける期間はだいたい3ヶ月~4ヶ月とお話しましたが、
それに比べてMサイズのオムツは本当に長い間使えます
細身な子であれば1歳過ぎてもMサイズの子もいますし、早めに
10ヶ月くらいからMサイズにかえる子もいます。
いずれにしても、Sサイズよりは長く使える事は間違いないです。

だだし、Mサイズのまとめ買いの時も気を付けた方がいい事が
あります。
Mサイズに変えてしばらくすると、赤ちゃんがずりばいなどを
して、身体を動かすことが増えてくるので、テープタイプから
パンツタイプのオムツ
にかえる人も出てきます。
よく動く赤ちゃんの場合、テープタイプよりもパンツタイプの
オムツの方がオムツ替えが楽です。
なので、テープタイプをたくさん買いすぎてパンツタイプになか
なか変えられず、オムツ替えが大変!とならない為にも、まとめ
買いはいざという時に困らないほどほどの量が1番良いでしょう。

そして、小さいサイズのオムツが中途半端に余ってしまって、人に
あげるほどの数も残ってないし…
なんて時のオムツの便利な使い方を紹介します。

使わなくなったオムツは、料理で残った揚げ油を捨てる時に吸わせ
事が出来ます。
吸わせた後は、そのままビニールにくるんだり、牛乳パックに詰め
込んで捨てると手も汚れません。

その時は油の温度がちゃんと下がっている事を確認してから行って
くださいね。

他にも床にジュースをこぼした時にも、サッとオムツをあてると水
分をしっかり吸ってくれます。
いきなりこぼしたものをタオルで拭くと、タオルがびちゃびちゃに
なって何度も洗わないといけませんが、オムツの場合そのまま捨て
るだけなのでとても楽です。
最後に濡らしたタオルや雑巾でサッと仕上げに拭くだけなので是非
試してみてください。

さいごに

いかがでしたか?

オムツのサイズの合う合わないは見極めるのが難しい時もあります
が、迷った時はとりあえず大きいサイズを1度赤ちゃんにつけてみ
て、隙間が出来ておしっこがもれないか確認してみましょう。
お腹のテープをしっかりとめてあげて、足を動かしたときに隙間が
出来たり、ずれたりしていないか様子を見てあげてください。

意外にSサイズは期間が短いのでまとめ買いする時には注意してく
ださいね。

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

水いぼ プール
水いぼでもプールに入れる?感染経路や幼稚園への報告はどうする?

水いぼとは、子どもの胴や手足に出てくる小さなプツプツです。 放っておいても自然治 …

35c5c18d6221ef2a092261595de52035_s
ピーナッツは何歳から食べられる?ピーナッツバターはいつから?

大人がビールのおつまみにピーナッツを食べていると、子供も 欲しがることがあります …

573157
赤ちゃんの首のあせもの治し方は?掻く時の対処法も!

赤ちゃんはとっても汗っかきです。 最近はエアコンが普及してきたため、あせもなんて …

6c325e409d3493784e74a0bdc7c1c390_s
子供用リップクリームのおすすめベスト3

子供の唇は、食べ物や外気の刺激ですぐに荒れてしまいます。 こまめにケアしてあげた …

112684
名前ペンと油性ペンの違いは?にじみにくいのは?

もうすぐ入園・入学シーズン到来です。 そろそろ名前付けの準備を始めるご家庭も多い …

adeb48989f69acc03975e3b346826840_s
赤ちゃんに大人用の冷えピタは使える?発熱時に貼る場所は?効果が持続する時間も!

子供は急に発熱しますよね。 発熱に備えて便利なグッズがたくさん販売されていますが …

20161226_234339
縄跳びの結び方で簡単にできる方法は?教え方は?なかなか結べない時は!

子どもにとって、紐を結ぶことはとても難しいようです。 蝶々結びは難しくても、縄跳 …

no image
幼稚園の上履きの左右がわかるように目印をつける方法は?かかとは?

幼稚園の上履きへの目印、どこにどの様に書くか迷ってしまいます。 目印を見て、子供 …

0a218ef605370a8d8df135b6a76a513c_s
子供が発熱時の座薬のタイミングは?解熱剤は何度から?

「子供はよく熱を出す」とはいうけれど、実際に高熱が出ると驚くものです。 昔は熱が …

285217
赤ちゃんの飛行機の耳抜き 離着陸時のタイミングは?寝てたら?ミルクは持ち込みできる?

赤ちゃんを連れての遠方への外出は、準備も大変ですし、移動中も大変。なるべく避けた …