双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

二日酔い予防のおつまみは?お酒の飲み方で酔わない方法とサプリのおすすめは?

      2016/04/07

お酒の席で楽しくお酒を飲んでいても、心の隅では二日酔いの心配をしてしまうものです。
でも、酔わないように心配しているばかりでは楽しくありません。
お酒の席でも、こっそりできる二日酔い対策についてお話ししていきますね。

関連記事
飲む前に食べておくといい食べ物は?の記事はこちら⇒

スポンサーリンク

二日酔いを予防してくれるつまみは?

二日酔いを予防するコツは、居酒屋の料理にあるのです。
二日酔いとは、胃に入ったアルコールが急激に吸収されて起こるものです。
急激な吸収により、血中アルコール濃度が高まり翌日にまで悪影響を及ぼしているのです。

また、二日酔いのつらい症状には、胃の不快感も含まれます。
これらの嫌な症状を起こさせないためにも、お酒の席では注文する料理に工夫が必要なのです。

まず、二日酔いを予防する料理のポイントは、低カロリーで高タンパクです。
低カロリーということは、揚げ物のように油を大量に使用していないため胃に負担がかかりません。
そして、タンパク質はアルコールの急激な吸収を防止します。

具体的なおすすめメニューは、枝豆冷ややっこお刺身冷やしトマトです。
これらは居酒屋によくあるメニューです。
そしてすべてがアルコールの吸収を穏やかにし、アルコールの分解を早める効果が期待できるのです。
とくに冷やしトマトは、アルコールの分解に役立つメニューなので、二日酔い対策には一押しのメニューです。

お酒の飲み方で酔わない方法は?

お酒を飲むことで、酔ってしまうのはアルコールが吸収されて、血流にのって脳に影響を与えるためです。
ですから、その流れを緩やかにし、阻害する飲み方をすれば酔わずに楽しくお酒を飲むことができるのです。
まず、酔わないためには、アルコールの吸収を阻害する必要があります。
そのためには、アルコールが入ったときにはすでに胃の中でアルコール吸収を阻害する食べ物を胃に入れておく必要がるのです。

スポンサーリンク

また、飲酒によって脱水を招くことがあります。
これは、アルコールによる利尿作用で体内から出ていく水分量が多くなることによって起こります。
脱水は、二日酔いの大きな原因の一つです。
脱水を防ぐために、お酒と一緒に水分補給用の飲み物をとることが酔わないポイントです。

ただ、この飲み物にも選び方に注意が必要です。
ウーロン茶やアイスコーヒーは、カフェインが含まれています。
カフェインは、お酒によって傷ついた胃の粘膜をさらに傷つけてしまいます。
そのため、カフェインを含む飲み物は避けます。
一番のおすすめはグレープフルーツジュースオレンジジュースです。
柑橘類にはクエン酸とブドウ糖が含まれているため、アルコールの分解を促進してくれます。
オレンジジュースよりもグレープフルーツジュースのほうが若干カロリーが低いため、カロリーを気にする人はグレープフルーツジュースを選ぶといいでしょう。
もしも、ジュースが苦手な場合は水を飲んでください。
水でも、胃に入ったお酒を薄めることができるので、十分酔わない対策になるのです。

お酒を飲んでいるときに飲めるサプリメントや薬は?おすすめは?

お酒を飲んでいるとき、薬を一緒に飲むことは大変危険です。
医薬品の薬を一緒に飲むことはいけません。
ただ、アルコールから胃を守るため、肝臓を守るためのサプリメントは多数あります。

まず、肝臓保護ときけばしじみを思い出す方も多いのではないでしょうか。
しじみは、確かに肝臓にいい食材ですが、調理に時間がかかり、大量に摂取することは難しい食材です。
それを、簡単に摂取することができるサプリメントが発売されています。

また、ウコンも肝臓にいい成分です。
ただ、ウコンはそのまま摂取することは難しく、吸収もよくありません。
その点、ウコンのクルクミンを効率よく摂取できるように開発されたサプリメントも発売されています。

ただ、多くのサプリメントはお酒を飲み始める30分前に飲むと効果が充分に発揮することができます。
お酒を飲み始めると、胃に入ったとたんにアルコールの吸収は始まってしまいます。
飲む前30分を頭において、効果的にサプリメントを使用していきたいものです。

さいごに

お酒を飲む人にとって、二日酔いや悪酔いは悩みの種です。
自分に合った対策をみつけて、事前の準備で賢くお酒を飲んでいきましょう。

スポンサーリンク

 - 美容・健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
シミを薄くするサプリの成分で男性向けは?対策に一緒に摂っておきたい食べ物は?

シミ対策といえば化粧品でのケアが大切ですが、20代から化粧品を使う習慣がある女性 …

020904
眉間のしわの原因は?薄くする方法と作らないための対策は?

年齢と共にどうしてもしわなどが増えて行ってしまいますよね。 しわが増えると老けて …

edfb996aaa798098e4447b2db7ec57e9_s
腸内環境を改善して免疫力をアップさせる簡単なレシピ

腸内環境を整えると免疫力がupすると言われています。 スポンサーリンク そこで、 …

110354
あさりの栄養で美肌効果UP!貧血予防も!食べ合わせは?砂抜き・保存方法は?

あさりといえば、酒蒸しやお味噌汁、澄まし汁、炊き込みご飯の他、ブイヤベース、クラ …

026592
夏風邪は油断大敵!知っておきたい3つの事 症状や原因・予防法・応急処置

夏風邪であっても、一気に大流行することもあり、子供だけではなく大人も注意が必要で …

353985
かかとに激痛の原因?何の病気?痛い時すぐ出来る応急処置は?

かかとが痛いと一言で言っても、その症状によって考えられる要因は様々あります。 た …

no image
二日酔いの原因アセトアルデヒドの分解を促進する食べ物は?美白サプリで対策!?

二日酔いになると、一刻も早く治したくなるものです。 そこで、二日酔いに効く食べ物 …

no image
顔のシミの対策の方法は?薄くする化粧品で40代男性におすすめは?

シミといえば、本気で消す場合はレーザー治療を受けることになりますが、レーザー治療 …

135450
食べる美容液レンコンの美容効果は?花粉症対策に簡単レシピ

ママになり子供も学校に通いだすと、悩みの種がアンチエイジングと子供の弁当のおかず …

125934
いちごで虫歯予防?効果って?栄養素を効果的にとるには?

今や一年中出回っている事から、旬が本当は春だと知らない若者が増えていると言われて …