双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

赤ちゃんの洗濯物 大人と一緒はいつから?専用の洗剤は必要?柔軟剤は使わない?

      2017/04/17

待望の赤ちゃん誕生に喜んでいるのもつかの間、赤ちゃんの洗濯ものの量の多さには驚かされますよね。
しかも、赤ちゃんの肌は超敏感!できるだけ刺激が少ない洗剤でやわらかく仕上げてあげたいと思うママも多いはず。

そこで今回は、赤ちゃんの衣類の洗濯に関する質問にお答えします。

関連記事
赤ちゃんの肌荒れの原因は洗濯洗剤かも!?ママの手荒れも予防できて一石二鳥のオススメ洗剤についての記事はこちら⇒

スポンサーリンク

赤ちゃんの洗濯物は大人と一緒に洗うのはいつから?

赤ちゃんが生まれると、ママは洗濯物をいつから大人と一緒に洗ってもいいのかとても神経質になりますよね。
とくに細菌とか目に見えないものは恐怖を感じるというか…私もそうでした。

だから、赤ちゃんの洗濯ものと大人の洗濯ものを生後半年以上も別々に洗う人も多くなっています。
なぜなら、大人についた細菌や菌が洗濯機の中で合わさってしまうと考えるからなんですって。

ほとんどの一人目ママは、生後数か月は赤ちゃんの洗濯ものと大人の洗濯ものを分けて洗濯しているけど、そうすると洗濯の回数が増え、水道代もかなりかさんでしまいますよね。
実験の結果は菌うつりの心配はないから生後すぐに大人と一緒に洗濯をしても問題はないですよ。

もしも、気になるようであれば赤ちゃんが直接肌につける肌着やよだれかけだけは別に洗ってあげてもいいかもしれないですね。
もしくは、大人と一緒に洗濯したあとに赤ちゃんのものだけ、もう一度すすいであげれば安心ですね。

赤ちゃん専用の洗濯洗剤は必要?大人と一緒で大丈夫?

赤ちゃん専用の洗濯洗剤が必要かどうかについてお話ししますね。

赤ちゃんはお腹の中にいるときには羊水に囲まれていて肌も常に潤っている状態。
ところが生まれ出たとたんに、外気にさらされて乾燥するし服を着せられて刺激は受けるわで大変なんです。
とくに生後数か月のうちは服がこすれる刺激だけでも赤ちゃんの肌は赤くなってしまうんです。

そこでおすすめが赤ちゃん専用の洗濯洗剤なんです。
値段は高めだけど、赤ちゃん独特のよだれの汚れやうんちの染みもきれいに落としてくれる優れモノ!
しかも赤ちゃんの肌に優しい成分でできているから安心ですよ。

生後半年は赤ちゃん専用の洗剤で大人とは別に洗濯してあげてもいいかもしれませんね。
半年を過ぎたら市販の無添加洗剤に切り替えてみましょう。
市販の洗剤は白色をさらに白く見せるための蛍光剤や香料が多く入っているから赤ちゃんにはまだ早いんです。
だから半年過ぎても無添加洗剤を使ってあげるといいですよ。
無添加洗剤は、一般的な洗剤よりは値段が高いけど赤ちゃん専用の洗剤よりは安いから経済的にもおすすめですよ~。

ただ、一番大切なのはすすぎ
どんなに無添加の洗剤を使ってもすすぎ残しが多かったら赤ちゃんの肌は刺激を受けてしまうんです。
すすぎは、目視で泡がないことを確認してあげるくらいでもいいかもしれないですね。
生後1年たったら、市販の洗剤に切り替えてもいいころですね。
ただ柔軟剤は必要ないですよ。
柔軟剤と洗濯洗剤とは似ているけど、成分の違いは大きいって知ってました?

次は柔軟剤についてお話ししますね。

赤ちゃんの洗濯物はごわごわしても柔軟剤は使わない方がいいの?

洗濯洗剤で気になる成分は界面活性剤だけど、洗剤に入ってる界面活性剤はよくすすげばきちんと落ちてくれます。
だけど柔軟剤に含まれているカチオン界面活性剤はすすぎをしてもしっかり残ってしまいます。
すすいだ後も残っているから柔軟剤をするとやわらかく仕上がるんですけどね。
ただ、カチオン界面活性剤は赤ちゃんの肌には刺激が強すぎるんです。
とくにアトピーの赤ちゃんや子供は、柔軟剤の使用はやめるように医師から指導されることもあるくらいなんです。

柔軟剤は、大人にとってはいい香りがしてやわらかく仕上がるから便利だけど、赤ちゃんには多少ごわごわしても使わない方がいいんだね。

さいごに

ママの多くは、赤ちゃんために一番いいことをしてあげたいと試行錯誤の毎日ですね。
とくに洗濯は赤ちゃんの肌に直接触れることだから悩みの種。
でも、悩みながらママは赤ちゃんと一緒に成長するものですよ。
頑張りすぎず、楽しみながら育児をしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

87b3121e9d0dbb15aa02138c6e31b3c6_s
オキシクリーンは洗濯槽の掃除にもってこい!?やり方は?量や頻度は?

大掃除の季節が近づいてきて、今年大人気になったオキシクリーンでシーツやカーテンを …

no image
保育園に在宅勤務でも子供を預けられる裏ワザ!?就労証明書はどうする?

子どもが小さい乳幼児の時は産休で仕事が休める又は、仕事をしないで自宅に居ても良か …

265569
赤ちゃん冬なのにあせも!対策と出来てしまった時のケア方法は?

あせもは夏だけのものだと思っていませんか? 最近では冬にもあせもができる赤ちゃん …

098444
梅雨時期のお弁当の注意点と食材 工夫やアイテムで食中毒を防ごう!

毎日、幼稚園のお弁当作りを頑張っている方も多いですよね。 キャラ弁の本などもたく …

no image
上履きデコパージュで失敗!コピー用紙のコツとにじむ原因は?

布などに好きな柄や模様を手軽に転写出来る方法として、デコパージュがありますね。 …

どんぐり リース
どんぐりの中の虫を処理してリースを手作りしよう!土台の材料は?

子どもにとって、どんぐり拾いや松ぼっくり拾いは楽しいイベントの一つですね。 拾っ …

204983
ジュニアシートの座面のみはいつから?安全性は?寝る時の姿勢の対策は?

子供を車に乗せるとき、チャイルドシートはとても重要なものです。 しかし、年齢が3 …

035524
ランドセルの購入はどっちの親?いつ?学習机の必要性は?

小学校の入学式が迫ってくると、色々な物を用意しなければいけませんが、その用意する …

no image
オキシクリーンの便利な使い道は?基本の使い方と注意点は?

小さな子どもがいるママにとって洗濯は家事の中でも負担が大きいものです。 毎日こま …

725b600b13151f35ec8cf5d9a966297c_s
歯磨きの仕上げ磨きは何歳まで必要なの?

赤ちゃんの頃から毎日続けてきた仕上げ磨き。 お子さんが大きくなってきたある日、ふ …