双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

子供が毛深い悩み解決法!?処理はすべき?脱毛は早い?

   

ママがお化粧をしていると、女の子は興味深そうに鏡をのぞき込んできますよね。
最近は、小学生でもお化粧をする女の子もいるそうですよ。

今回は、大人の悩みと思っていた「ムダ毛処理」についてお話しします。
小さな子どもだからと言って、軽く受け流してしまってはいませんか?
実は本気で悩んでいる女の子も多いようですよ。

スポンサーリンク

子供が毛深い!悩みを解決する方法は?

生まれたばかりの赤ちゃんは、背中にうっすらと産毛が残っていることがあります。
でも、しばらくすれば自然となくなり、つるつる肌になっているものです。
小さな子供が多少毛深かったとしても、「気にしなくて大丈夫」と思うことが多いのではないでしょうか。
ほとんどの子供は、「毛深い」という認識もなく成長していきます。

でも、最近の子供はとてもおしゃれです。
女の子の中には、幼稚園に入ると「毛深い」ことを意識する子供もいるようです。
自分の子供が例え毛深かったとしても、本人が気にしていないようであれば様子をみてもいいと思います。
お友達に多少からかわれることがあっても、本人が気にしていなければ子供はからかうことに飽きてしまうでしょう。
しかし、例え幼稚園児であっても子供本人が悩んでいるならば、放っておかず解決できる道を考えてあげましょう。

解決方法は、2つ考えられます。

一つ目は、「気にしなくていいよ」と気持ちを楽にしてあげる方法です。
多かれ少なかれ、お友達にからかわれることはあります。
「気にしない」対処法を身につけることは、集団生活の中では大切なことです。

二つ目の方法は、原因を除去してあげることです。
毛深いならば、毛を除去することで悩みは解決するでしょう。

スポンサーリンク

小さな子供にムダ毛処理をしても大丈夫なの?

二つ目の対処方法として紹介した「毛の除去」は、大人ならば市販のムダ毛処理グッズでいくらでも可能です。
しかし、肌がやわらかく刺激に弱い子供には、大人用のムダ毛処理方法は適切ではありません。

市販の除毛クリームは肌に負担が大きく、脱毛処理は痛みを伴います。
自己流の脱毛や除毛は、毛穴に炎症を起こしたり、肌トラブルの原因になります。
「毛深いことを気にして脱毛した」ということこそ、さらなるトラブルの原因になることも考えられますね。
子供の毛深さを気にして「毛を除去したい」と思ったら、自己流ではなく専門家に処置を依頼したほうが安心です。

大人の脱毛サロンならあるけど、子供はどうしたらいいの?

大人の脱毛サロンと同じように、子供が利用できるサロンがあります。

痛みを感じない脱毛ができることから、3歳から利用しているお子さんもいらっしゃるそうです。
女の子にとって、見た目が自信につながることもあります。

「子供が脱毛サロンだなんて」と思わず、自分に自信を持たせるきっかけにするためにも専門サロンはおすすめです。
もちろんサロンでは、大人の脱毛もすることができます。
子供と一緒にママもきれいになってみてはいかがでしょうか。

さいごに

 

大人から見れば「まだ早い悩み」と思っても、子供にとっては深刻な悩みであることもあります。
軽くあしらうのではなく、本気で対応してあげることで、親子の絆も深まりそうですね。

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

Print
夏場の自転車の暑さ対策は?前乗せ時の子供の日焼け対策も忘れずに!

心地良い季節になりましたね。 自転車にお子さんを乗せて、ちょっと遠くにお出かけし …

0611f6a44d38d4f752dd4f9037f8d34d_s
子供の歯の一部が白いのって虫歯なの?前歯の裏側は?見分け方のコツは?

毎日の仕上げ歯磨きのとき、子どもの歯の一部が異様に白くなっていて、何って思ったこ …

no image
赤ちゃんが麦茶を嫌がって飲まない! お茶嫌いはどうしたら飲んでくれる?

けっこういますよね、麦茶を飲んでくれない赤ちゃん。 ママも始めてのことに戸惑って …

6c325e409d3493784e74a0bdc7c1c390_s
赤ちゃん用リップクリームのおすすめベスト3

赤ちゃんの唇はプルプルしているというイメージがありますが、実際は母乳やミルクの刺 …

35c5c18d6221ef2a092261595de52035_s
ピーナッツは何歳から食べられる?ピーナッツバターはいつから?

大人がビールのおつまみにピーナッツを食べていると、子供も 欲しがることがあります …

口の周り 荒れ
唇の荒れの原因や対策で子供は?おすすめケア方法はコレ!

乾燥する季節は子供の唇が荒れてしまいます。 カサカサする程度ならば市販のリップク …

縄跳び3
縄跳びを手首でうまく回せない!教え方のコツは?

幼稚園や小学校でも、冬の授業や活動では縄跳びが取り入れられていますね。 縄跳びを …

783433
血液型は変わるって本当?赤ちゃんはいつわかるの?かかる費用は?

赤ちゃんの時の血液型と、大人になってからの血液型が変わるなんていう話を聞いたこと …

ƒvƒŠƒ“ƒg
インフルエンザの予防接種子どもはどうする?副作用は?予防法で注射以外は?

冬になると猛威を振るうインフルエンザ。 毎年11月頃から流行しはじめ、春先までそ …

0dc857e2b59733c823b01ebe82ade681_s
ローストビーフによる食中毒の原因とは?子供に食べさせるのは心配!?

ローストビーフは、ちょっとオシャレで豪華なパーティーメニューとして人気です。 し …