双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

子供が毛深い悩み解決法!?処理はすべき?脱毛は早い?

   

ママがお化粧をしていると、女の子は興味深そうに鏡をのぞき込んできますよね。
最近は、小学生でもお化粧をする女の子もいるそうですよ。

今回は、大人の悩みと思っていた「ムダ毛処理」についてお話しします。
小さな子どもだからと言って、軽く受け流してしまってはいませんか?
実は本気で悩んでいる女の子も多いようですよ。

スポンサーリンク

子供が毛深い!悩みを解決する方法は?

生まれたばかりの赤ちゃんは、背中にうっすらと産毛が残っていることがあります。
でも、しばらくすれば自然となくなり、つるつる肌になっているものです。
小さな子供が多少毛深かったとしても、「気にしなくて大丈夫」と思うことが多いのではないでしょうか。
ほとんどの子供は、「毛深い」という認識もなく成長していきます。

でも、最近の子供はとてもおしゃれです。
女の子の中には、幼稚園に入ると「毛深い」ことを意識する子供もいるようです。
自分の子供が例え毛深かったとしても、本人が気にしていないようであれば様子をみてもいいと思います。
お友達に多少からかわれることがあっても、本人が気にしていなければ子供はからかうことに飽きてしまうでしょう。
しかし、例え幼稚園児であっても子供本人が悩んでいるならば、放っておかず解決できる道を考えてあげましょう。

解決方法は、2つ考えられます。

一つ目は、「気にしなくていいよ」と気持ちを楽にしてあげる方法です。
多かれ少なかれ、お友達にからかわれることはあります。
「気にしない」対処法を身につけることは、集団生活の中では大切なことです。

二つ目の方法は、原因を除去してあげることです。
毛深いならば、毛を除去することで悩みは解決するでしょう。

スポンサーリンク

小さな子供にムダ毛処理をしても大丈夫なの?

二つ目の対処方法として紹介した「毛の除去」は、大人ならば市販のムダ毛処理グッズでいくらでも可能です。
しかし、肌がやわらかく刺激に弱い子供には、大人用のムダ毛処理方法は適切ではありません。

市販の除毛クリームは肌に負担が大きく、脱毛処理は痛みを伴います。
自己流の脱毛や除毛は、毛穴に炎症を起こしたり、肌トラブルの原因になります。
「毛深いことを気にして脱毛した」ということこそ、さらなるトラブルの原因になることも考えられますね。
子供の毛深さを気にして「毛を除去したい」と思ったら、自己流ではなく専門家に処置を依頼したほうが安心です。

大人の脱毛サロンならあるけど、子供はどうしたらいいの?

大人の脱毛サロンと同じように、子供が利用できるサロンがあります。

痛みを感じない脱毛ができることから、3歳から利用しているお子さんもいらっしゃるそうです。
女の子にとって、見た目が自信につながることもあります。

「子供が脱毛サロンだなんて」と思わず、自分に自信を持たせるきっかけにするためにも専門サロンはおすすめです。
もちろんサロンでは、大人の脱毛もすることができます。
子供と一緒にママもきれいになってみてはいかがでしょうか。

さいごに

 

大人から見れば「まだ早い悩み」と思っても、子供にとっては深刻な悩みであることもあります。
軽くあしらうのではなく、本気で対応してあげることで、親子の絆も深まりそうですね。

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

98398cee015516036f5814c0eed7576e_s
赤ちゃんの深爪は治るの?治し方は?腫れてきた時はどうする?

爪切りは、赤ちゃんのお世話の中でも緊張するお世話の一つですよね。 生まれたばかり …

ピアノ フィンガード
ピアノの鍵盤蓋に指が挟まれないようにする防止法は?メリットとデメリットも!

ピアノの鍵盤蓋は意外と重量があるものです。 小さな子供の指の上に鍵盤蓋が落ちてし …

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
乳児湿疹は全身に広がる?悪化してしまう原因と間違えやすい肌トラブルも!

赤ちゃんの肌には赤い湿疹が出やすく、どんなに気をつけてケアしていても湿疹はいくつ …

855885
耳が痛いと子供が夜中に泣く!?その原因と対処法とは?

夜中に突然、子供が泣きだし「耳が痛い」と訴えてきた経験、ありませんか? 突然のこ …

b35801665ae7d4a9fdd7a08ff6ca3515_s
おしるこを子供が食べてもいいのはいつから?詰まらせない対策は?あんこだけならあげてもいい?

みなさん冬になると、おしるこを食べる機会が増えませんか? 私もよく食べるのですが …

83a5e168d9ef76f120e89544ae10c63c_s
赤ちゃんのあせも対策グッズでオススメは?シーン別に紹介!

赤ちゃんのあせもはできる前に予防できたら一番ですよね。 実は、赤ちゃんが長時間過 …

茶臼山スキー1
3歳で雪山デビュー 茶臼山高原スキー場に行ってきました アクセスは?混雑具合は?

去年は行けなかった雪山。 今年こそは連れて行ってあげたい・・・ってことで、早速行 …

7a19503b30773d6912b5eab48b62e82d_s
牡蠣の加熱用と生食用の違いは?子供に与えるならどっち!?食中毒対策も!

牡蠣は海のミルクと言われるくらい栄養が豊富でおいしいですね。 生で食べるときのツ …

no image
赤ちゃんが麦茶を嫌がって飲まない! お茶嫌いはどうしたら飲んでくれる?

けっこういますよね、麦茶を飲んでくれない赤ちゃん。 ママも始めてのことに戸惑って …

83842cc8d37a2ae59f33511357f47dc9_s
川遊びにライフジャケットは必要?選び方は?子供におすすめなのは?

夏休みに、自然の川遊びを計画されているご家庭は多いことと思います。 森の中の川遊 …