双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

子供が毛深い悩み解決法!?処理はすべき?脱毛は早い?

   

ママがお化粧をしていると、女の子は興味深そうに鏡をのぞき込んできますよね。
最近は、小学生でもお化粧をする女の子もいるそうですよ。

今回は、大人の悩みと思っていた「ムダ毛処理」についてお話しします。
小さな子どもだからと言って、軽く受け流してしまってはいませんか?
実は本気で悩んでいる女の子も多いようですよ。

スポンサーリンク

子供が毛深い!悩みを解決する方法は?

生まれたばかりの赤ちゃんは、背中にうっすらと産毛が残っていることがあります。
でも、しばらくすれば自然となくなり、つるつる肌になっているものです。
小さな子供が多少毛深かったとしても、「気にしなくて大丈夫」と思うことが多いのではないでしょうか。
ほとんどの子供は、「毛深い」という認識もなく成長していきます。

でも、最近の子供はとてもおしゃれです。
女の子の中には、幼稚園に入ると「毛深い」ことを意識する子供もいるようです。
自分の子供が例え毛深かったとしても、本人が気にしていないようであれば様子をみてもいいと思います。
お友達に多少からかわれることがあっても、本人が気にしていなければ子供はからかうことに飽きてしまうでしょう。
しかし、例え幼稚園児であっても子供本人が悩んでいるならば、放っておかず解決できる道を考えてあげましょう。

解決方法は、2つ考えられます。

一つ目は、「気にしなくていいよ」と気持ちを楽にしてあげる方法です。
多かれ少なかれ、お友達にからかわれることはあります。
「気にしない」対処法を身につけることは、集団生活の中では大切なことです。

二つ目の方法は、原因を除去してあげることです。
毛深いならば、毛を除去することで悩みは解決するでしょう。

スポンサーリンク

小さな子供にムダ毛処理をしても大丈夫なの?

二つ目の対処方法として紹介した「毛の除去」は、大人ならば市販のムダ毛処理グッズでいくらでも可能です。
しかし、肌がやわらかく刺激に弱い子供には、大人用のムダ毛処理方法は適切ではありません。

市販の除毛クリームは肌に負担が大きく、脱毛処理は痛みを伴います。
自己流の脱毛や除毛は、毛穴に炎症を起こしたり、肌トラブルの原因になります。
「毛深いことを気にして脱毛した」ということこそ、さらなるトラブルの原因になることも考えられますね。
子供の毛深さを気にして「毛を除去したい」と思ったら、自己流ではなく専門家に処置を依頼したほうが安心です。

大人の脱毛サロンならあるけど、子供はどうしたらいいの?

大人の脱毛サロンと同じように、子供が利用できるサロンがあります。

痛みを感じない脱毛ができることから、3歳から利用しているお子さんもいらっしゃるそうです。
女の子にとって、見た目が自信につながることもあります。

「子供が脱毛サロンだなんて」と思わず、自分に自信を持たせるきっかけにするためにも専門サロンはおすすめです。
もちろんサロンでは、大人の脱毛もすることができます。
子供と一緒にママもきれいになってみてはいかがでしょうか。

さいごに

 

大人から見れば「まだ早い悩み」と思っても、子供にとっては深刻な悩みであることもあります。
軽くあしらうのではなく、本気で対応してあげることで、親子の絆も深まりそうですね。

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

0611f6a44d38d4f752dd4f9037f8d34d_s
子供の歯の一部が白いのって虫歯なの?前歯の裏側は?見分け方のコツは?

毎日の仕上げ歯磨きのとき、子どもの歯の一部が異様に白くなっていて、何って思ったこ …

d7906dc26ca6637b4789efda16b6a646_s
赤ちゃんのほっぺが赤い カサカサの原因は?肌の乾燥の保湿方法とおすすめケア製品は?

生後間もない赤ちゃんは、ほっぺが赤くなってしまって困るなんてことありませんか? …

0dc857e2b59733c823b01ebe82ade681_s
ローストビーフによる食中毒の原因とは?子供に食べさせるのは心配!?

ローストビーフは、ちょっとオシャレで豪華なパーティーメニューとして人気です。 し …

573157
赤ちゃんのあせもと乳児湿疹の違いや見分け方は?ケア方法は?

生後間もない赤ちゃんの肌は、つるつるの肌なイメージですが、実は肌トラブルに悩まさ …

302879
幼稚園の上履きの名前はどこに?書き方の向きは?にじまない方法は?

幼稚園の上履きには、先生が見てもどの子の上履きか分かる様に、名前を必ず書きます。 …

b066bd9ce915bc4237e31df746c5fcd3_s
フッ素入り歯磨き粉を幼児が飲み込むのは大丈夫?危険性は?おすすめなのは?

毎日の習慣である歯磨き、小さな子供は嫌がることも多くて大変ですよね。 唾液と一緒 …

5b079d837f530cc914f47dfebea83dc3_s
プロペトを赤ちゃんがなめるけど大丈夫?副作用の心配は?長期使用は?

赤ちゃんは皮膚疾患にかかりやすいため、皮膚科を受診する機会も多いですよね。 そん …

83842cc8d37a2ae59f33511357f47dc9_s
川遊びにライフジャケットは必要?選び方は?子供におすすめなのは?

夏休みに、自然の川遊びを計画されているご家庭は多いことと思います。 森の中の川遊 …

112684
名前ペンと油性ペンの違いは?にじみにくいのは?

もうすぐ入園・入学シーズン到来です。 そろそろ名前付けの準備を始めるご家庭も多い …

水いぼ プール
水いぼでもプールに入れる?感染経路や幼稚園への報告はどうする?

水いぼとは、子どもの胴や手足に出てくる小さなプツプツです。 放っておいても自然治 …