双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

赤ちゃんの虫刺されの跡が消えない!消す方法や残さないコツは?

   


暖かくなると赤ちゃんも外遊びをすることが多くなりますね。
でも、なぜか赤ちゃんは大人よりも虫に刺されることが多いように感じます。

今回は、赤ちゃんが虫に刺された時の正しい対処方法と跡を残さないコツを紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの虫刺されの跡が消えない!原因は?

赤ちゃんの虫刺され跡が消えないで困っている人は意外と多いようです。

外出から帰ってきて、ふと赤ちゃんの腕や足をみてみると、虫に刺されたように赤く腫れていることがあります。
一か所が丸く赤く腫れているときは、ほとんどは蚊に刺されていると思っていいでしょう。
もしも広範囲にわたって発疹が出ているようならば、他の原因が考えらるため早めに受診するようにしましょう。

赤ちゃんは大人よりも体温が高く、汗っかきなので大人よりも蚊に刺されやすいのです。

一般的に蚊に刺された程度ならば、市販の虫刺され薬をぬっておけばいいと思われがちです。
でも、赤ちゃんは「かゆい」と思ったら、遠慮なく掻き壊すまで掻き続けてしまいます。
いくら赤ちゃんは肌の新陳代謝がよいといっても、掻き壊してしまったキズは跡に残ってしまうことがあるのです。

赤ちゃん用の虫刺され薬は、大人用のように強い成分は使われていません。
そのため、かゆみをピタッと止めることはありません。
そのため、どうしても掻いてしまい傷となり、色素沈着を起こしてしまうのです。
色素沈着を起こしてしまうと肌が生まれ変わるのを待つしかありません。

赤ちゃんの虫刺されの跡を消す方法は?

赤ちゃんの虫刺されの跡を消す方法は、肌の新陳代謝を促進させることです。
赤ちゃんは、大人よりも速いスピードで成長しているため、スムーズな新陳代謝が行われれば自然と虫刺され跡は消えるのです。

ただ、虫刺されによるアレルギー反応が強い子やアトピーがある子はちょっとした気遣いが必要です。
アトピーの子は肌が乾燥しがちです。
肌が乾燥していると、新陳代謝がスムーズに行われにくくなってしまうのです。
毎日、入浴して肌を清潔に保ち、しっかりと保湿してあげることが大切です。

また、虫刺されに対してアレルギーがある子は市販薬では対応できないことが多いようです。
病院で処方される塗り薬は必要になることがあるため、虫刺されの跡が腫れ上がったり、熱をもっていたりするときには受診するようにしましょう。

赤ちゃんの虫刺され跡を残さないコツは?

赤ちゃんの虫刺され跡を残さないコツは、とにかく掻かないことです。
そして、一番は虫に刺されないようにすることなのです。

最近は、ハーブを利用した自然の虫よけスプレーやグッズが市販されています。

また、ベビーカーにつけるカバーは紫外線予防と虫よけを兼ねることができるので一石二鳥です。

なんといっても低価格で送料無料!
ゴム仕様なので取り付けも簡単です。

白のオーガンジー素材が涼しげ。
紫外線の強さによって模様の色が変化するので紫外線量が一目で分かるのもいいですね。
使わない時はコンパクトに収納出来きちゃいます!

それでも刺されてしまったときには、なるべく早く患部を洗い流してパッチを貼るようにしましょう。
塗るタイプのかゆみ止めよりも、パッチならば赤ちゃんが患部に触れることを防ぐことができます。

さいごに

赤ちゃんの肌はやわらかいため、掻き壊してしまうと意外と治るまで時間がかかりますね。
便利なグッズを上手に使って、虫刺され跡を残さない夏を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

 - 子育て, 虫対策 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

fd0c8ec1aa0aebb3e25a1cdfa8315521_s
モッツアレラチーズは何歳から食べられる? 加熱は必要?離乳食に使うときの注意点も!

離乳食にチーズが使えるようになると、味に深みが出て バリエーションを増やすことが …

口の周り 荒れ
子供のカサカサ唇の荒れの原因は?大人用のリップクリームはダメ?正しい対処法はコレ!

子供も大人と同じく寒くなると唇が荒れてガサガサしてきますよね。 そのうち治るだろ …

no image
2歳 そろそろ三輪車?それともストライダー?子供のバランス感覚を養う乗り物の選び方

生まれてからハイハイしてトコトコ歩き出して・・・と子供の成長は早いものですね。 …

045444
汗かきな子供の頭の汗、臭いや対策について

子供が汗っかきだとお母さんもいろいろと大変なものですが、そんな「子供の汗」に悩ん …

075568
虫除けスプレーの使用期限は?去年のものを子供に使っても大丈夫?

いよいよ暑い季節が到来、同時に虫にさされることも増えてきました。 虫刺され対策の …

075091
赤ちゃんの鼻水を放置すると危険!?家での鼻水対策で中耳炎を予防するには?

大人も赤ちゃんも鼻水が出るメカニズムは同じです。 ほこりなどの異物で鼻粘膜が刺激 …

038963
赤ちゃんがベビーカーで熱中症!?夏の暑さ・熱中症対策は?

毎日の暑さにうんざりとする夏がやって来ましたが、小さな赤ちゃんがいるお母さんを …

7a7580b52cc5602eccf2c16c487453b6_s
あせもとじんましんの違いは?原因は?治療方法は違うの?

夏になると子供の肌トラブルで悩むことが多くなりますね。 とくに子供に多い肌トラブ …

04616fb9a016c0dff65a991c580cd2fb_s
ピアノを移動した後の調律は必要?いつやるの?自分でできる?

ピアノにはメンテナンスが必要です。 年に一度の調律は、ピアノにとって健康診断のよ …

204983
ジュニアシートの座面のみはいつから?安全性は?寝る時の姿勢の対策は?

子供を車に乗せるとき、チャイルドシートはとても重要なものです。 しかし、年齢が3 …