双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

ジュニアシートとブースターシートの違いは?おすすめは?

   

そろそろチャイルドシートからジュニアシートに移行したい。
でも、ブースターシートというものもあるようで…。

その違いは何なのでしょうか・・・?
メリットやデメリットをまとめてみました。

関連記事

ブースターシートとチャイルドシートの違いについての記事はこちら⇒

スポンサーリンク

    

ジュニアシートとブースターシートの違いって何?

ジュニアシートは、大きく分けて2つのタイプがあります。

・背もたれ付きのハイバックタイプ
・背もたれなしのブースタータイプ

この、背もたれなしのジュニアシートのことを、ブースターシートと呼びます

〈ハイバックシートのメリット〉
・成長に合わせて使える
・背もたれの安全性が高い
・子供が眠ったとき頭をガードする

背もたれのあるハイバックタイプのジュニアシートは、様々なランクのものがあり価格帯も広いです。
安いものだと5000円程度、高いものだと2万円以上します。
成長に合わせて背もたれ部分を取り外し、いずれブースタータイプとしても使用できるので、長い目で見たときのコストパフォーマンスはよいでしょう。

〈ブースターシートのメリット〉
・価格が安い
・手軽に移動できる
・子供の体勢の自由度が高い
・暑さに強い

ブースターシートは、やはり値段も手ごろで、持ち運びに便利なのが特徴です。
チャイルドシートやジュニアシートのようにかさばらないので、他の車に乗せ換えたりするのも簡単です。
また、子供の上半身に自由がきくので、より開放的になり喜ぶかもしれません。
夏場は、周りを囲われていないことから暑さも軽減され、過ごしやすくなるというメリットもあります。

車に乗るのが苦手なお子さんって、実は多いです。
我が家の下の息子は、2歳ごろから車に乗ると頭が痛いと訴えるようになりました。
狭い個室空間が苦手で、車の中は気圧が少し違っていることもあり、圧迫感が苦しかったようです。
3歳半からブースターシートに変えてからは、頭痛を訴えることはほぼなくなりました。

その他、車酔いしやすい子、締め切った車の空気に弱い子など、様々なタイプの子がいます。
車が苦手なお子さんには、なるべく圧迫感を与えず快適に過ごせるようなシートを用意してあげたいですよね。
ブースターシートは特に開放感があり身動きが取りやすいので、車が苦手なお子さんにおすすめです。

ジュニアシートで寝てしまう時の首かっくん対策グッズについての記事はこちら⇒

おすすめのブースターシートは?

価格も安い「babyGo!」の洗えるブースターシート

とにかく価格が安くてお手頃です。
座面のカバーはメッシュタイプで、取り外して洗濯することができるので衛生的。
着脱も簡単なので、手間もかかりません。

スポンサーリンク

安心のメーカー品「Combi」のムーヴフィットジュニア ブースターシート

子供用品ブランドCombiの製品で、ブースターシートの中ではそれなりのお値段です。
お子さんの成長に合わせて、肩ベルトの位置を調整できる仕組みが備わっており、安全性がやや高めに設計されています。
3歳から11歳までのと長い期間使用可能な規格なのも、ポイントです。

快適と安全さの「Nebio」ホールドフィット ブースターシート

こちらは、ブースターシートにしては形がちょっと変わっています。
腰の部分は、車のシートとの隙間ができないよう滑らかな傾斜になっていて、おしりや腰をしっかり包み込んでくれる形になっています。
シートベルトガイド付きで、正しい位置にシートベルトが来るよう調整可能です。
よりフィット感があり安全性も期待できる上、長時間乗っても疲れにくいのもポイントです。
フォルムもカッコいいので、車内のインテリアとしてもマッチしそうです。
しかも、価格もお手頃!
対象年齢は4歳~、幼稚園入園後の子さん向けの商品です。

さいごに

いかがでしたか?
ブースターシートは値段が手ごろというだけでなく、車移動の苦手なお子さんが快適に過ごしやすくなるというメリットもあります。
安全性、機能性の考えられた製品がたくさん出ていますので、じっくり検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

104371
牛乳で貧血!?子供の飲みすぎは注意!牛乳貧血の対策は?

牛乳といえば、多くの人が小さい時から体に良いからと飲むように言われて育ったのでは …

003685
東京都内・近郊のじゃぶじゃぶ池 オススメ水遊びスポットはココ!マナーは?

子供達は、夏の水遊びが大好き! 自宅でビニールプールも良いけれど、ちょっと大きな …

5b079d837f530cc914f47dfebea83dc3_s
プロペトを赤ちゃんがなめるけど大丈夫?副作用の心配は?長期使用は?

赤ちゃんは皮膚疾患にかかりやすいため、皮膚科を受診する機会も多いですよね。 そん …

215427
経口補水液を赤ちゃんにあげる時の作り方と飲ませ方は?飲まない時は?

赤ちゃんは、大人よりも簡単に脱水になってしまいます。 そして、大人よりも脱水にな …

3bbc32dbad013c66a551673465ed32af_s
わさびは何歳から食べていいの?わさび入りのお菓子は?

離乳食が始まると、子どもにはたくさんの味に慣れてほしいと 思いますね。 甘い味や …

ハロウィン 飾り
天井の飾り付けの方法は?コツや壁を傷つけないで飾りを長持ちさせる方法も!

ハロウィンやクリスマスなど、自宅でホームパーティをする機会が増える時期ですね。 …

f0d2dce5f6bf3c4c9696a3cd7632740b_s
おむつでパンツタイプはいつから?メリットデメリットは?おむつ替えのコツも!

ママの中には、パンツタイプのおむつに切り替えるベストな タイミングはいつなんだろ …

赤ちゃん コップ飲み
赤ちゃんのコップ飲みとストローはどっちが先?練習はいつから?嫌がる時は?

離乳食の量が増えてくると、ミルクよりも麦茶やお水を飲む機会が増えてきますね。 で …

no image
赤ちゃんのあせもにワセリンは悪化するのはなぜ?正しいケア方法と対策は?

赤ちゃんの肌は大人と比べて、とってもデリケートですね。 でも汗が出てくる汗腺の数 …

中耳炎 外耳炎2
中耳炎かと思ったら外耳炎だった!耳が痛い以外の症状の違いと原因は?

子どもを育てていると、耳鼻科を受診することがあります。 ほとんどは中耳炎か外耳炎 …