双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

上履きの汚れがつく前の防止法はパウダー?靴のスプレー?手軽なのは?

   

子供の上靴ってすぐ真っ黒になってしまいますよね。
泥汚れ専用の洗剤を使ってみたり、たわしでひたすらこすってみたり…。
上履きはキャンバス地でできているため、一度ついてしまった汚れは繊維の奥に入り込んでしまい落とすことは難しいのです。

今回は、汚れが付着する前に上履きにできる手軽な汚れ防止策を紹介しますね。

スポンサーリンク

上履きの汚れを防ぐ方法は?

上履きをきれいな状態で保つためには、汚れが付く前に防止策をほどこしておくことが肝心なんですよね~。

上履きはキャンバス地のため、汚れが付いてしまうとなかなかきれいに落とすことはできないんです。
表面についた汚れはこすり洗いで落とせるけれど、洗った後も残っている灰色の汚れは奥深い汚れなんです。。

汚れ防止策は意外と簡単なんですよ。
ロウソクをキャンバス地にこすりつけておくという方法も…
ただ、ロウソクは外側からつけるとピカピカ光ってしまうから気を付けてくださいね。
あとは撥水スプレーもありますね。
撥水スプレーもロウソクと同じように薄い膜を作ることで汚れを寄せ付けないようにしているんです。
ただ、撥水スプレーは高価だから経済的ではないですよね。

そこで、一番おすすめの方法を次に紹介していきますね。

上履きの汚れ防止に使えるの身近にあるパウダーは?

一番簡単な方法は、ベビーパウダーを全体につけておくといいですよ。
上履き全体につけたら余分なパウダーはきれいに落としてくださいね
余分なパウダーは、幼稚園や学校で床に落ちてしまうと滑ってとっても危ないから、これでもかってくらいしっかり落としましょう。

ベビーパウダーは粒子がすごく細かいから上履きの生地の繊維にしっかり入り込んでくれるってわけです。
生地の目にベビーパウダーが入り込んでいるから、あとから汚れが入り込むすきがなく、汚れるのを防いでくれるんです。

スポンサーリンク

1週間たって、学校から持ち帰ったらいつも通りゴシゴシ洗い落としてくださいね。
このとき、ベビーパウダーも一緒にかき出すつもりでよく洗ってくださいね。
しっかり乾燥させたら、再びベビーパウダーを全体によくすり込んでおけばOK。
こうすることで、上履き自体に汚れがつきにくくなるし、汚れてもベビーパウダーの粒子が洗うときにかき出してくれるってわけ。

ベビーパウダーなら数百円でドラッグストアで買えるから使いやすいですよね。
家に余っているベビーパウダーを使ってみてもいいですよ。

靴の汚れ防止に使えるスプレーの上手な使い方

上靴や子供用のスニーカーは、汚れをつけないことが大事だからといってコーティングばかりしていたら、通気性が心配ですよね。
たしかに、靴が汚れるのが嫌だからといって通気性の悪いビニール素材の靴ばかり履かせるわけにはいかないですもんね。
上履きでも、スニーカーでも汚れ防止に防水スプレーや撥水スプレーは有効なんです。

スプレーの接着をよくするために、靴の表面についた汚れをブラシで叩き落としてからスプレーしてくださいね。
ただ、やりすぎてしまっても通気性が悪くなるし、防水スプレーを選び間違えても通気性は悪くなるんですよ。

子どもの靴に使うならばフッ素系のスプレーがいいですね。
通気性は残るから。

フッ素系のほかにもシリコン系のスプレーもあるけれど、シリコン系は全体をカバーで覆うようになるから通気性は悪くなってしまうので注意しましょう。
シリコン系の方が値段も安くて、長い時間効果が持続するんですけどね…。

防水スプレーや撥水スプレーをするときは、スプレーを吸い込まないように必ず屋外でやってくださいね。
効果をさらにアップさせるためには、一度スプレーして十分に乾かしてから、再度重ねてスプレーするといいですよ~。

さいごに

子どもの靴の汚れは「よく遊んだ」とうれしい反面、「落とすのが大変」と悩みの種にもなりますね。
身近にある日用品を上手に使って毎日を気持ちよく過ごせたらいいですね。

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

eccd7bf2007b3e0202e73df0f6a94355_s
靴下にアイロンシールをはるときはがれにくい場所は?名前付けにおすすめなのは?濃い色は?

靴下のお名前付け、場所や方法によってはすぐに取れてしまうので困っている方も多いの …

e6f68872281bc303fb3ad8be289fd09a_s
子供に豆腐を生であげてもいいのはいつから?冷奴の注意点は?

離乳食でも使いやすかった豆腐。 いつから生のままで子供にあげてもいいのか悩みます …

fed6c271b1b17f9036167e3552814b2f_s
子供に緑茶うがいで風邪予防をさせよう!お茶うがいを嫌がらない方法は?

風邪の予防には、手洗いとうがいが大切ですね。 うがいは、正しいうがい方法でするこ …

f0d2dce5f6bf3c4c9696a3cd7632740b_s
おむつのテープからパンツの切り替えの時期は? 使い分けのポイントと失敗談も!

生まれてから毎日あるオムツ替え。 赤ちゃんの成長と共に、オムツの悩みも出てきます …

赤ちゃん あせも
赤ちゃんのあせもが受診して薬を塗ってもなかなか治らない!対処法と自宅ケアの方法は?

赤ちゃんの肌はとてもあせもになりやすいです。 ママが注意していてもすぐに出来てし …

1d4ab7e7cfb5618f2cda7ba4a31a0441_s
ローストビーフを子供が食べられるのはいつから?赤いけど大丈夫?

お正月やクリスマス、お祝いのパーティーなどで登場するローストビーフ。 ローストビ …

赤ちゃん あせも
汗疹に桃の葉ローションの効果は?どこのメーカーがオススメ?赤ちゃんへの使い方は?

赤ちゃんに汗疹ができてしまったときは塗り薬を使うことが多いですが、予防効果が期待 …

口の周り 荒れ
子供のカサカサ唇の荒れの原因は?大人用のリップクリームはダメ?正しい対処法はコレ!

子供も大人と同じく寒くなると唇が荒れてガサガサしてきますよね。 そのうち治るだろ …

d7906dc26ca6637b4789efda16b6a646_s
赤ちゃんのほっぺが赤い カサカサの原因は?肌の乾燥の保湿方法とおすすめケア製品は?

生後間もない赤ちゃんは、ほっぺが赤くなってしまって困るなんてことありませんか? …

adeb48989f69acc03975e3b346826840_s
赤ちゃんに大人用の冷えピタは使える?発熱時に貼る場所は?効果が持続する時間も!

子供は急に発熱しますよね。 発熱に備えて便利なグッズがたくさん販売されていますが …