双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

幼稚園の水筒のサイズで年中は?大きな水筒を扱うコツは?

   

幼稚園は子どもも急激に成長する時期なので、水筒選びで悩みますよね。
とくに数百mlから、大台の1000mlになるときには「大きすぎないかな」と悩みますね。

今回は、年中さんの水筒に焦点を絞ってお話しします。

スポンサーリンク

幼稚園の年中さんはどのくらいのサイズの水筒がいい?

幼稚園の年中さんになると、年少さんよりもぐっと足が長くなり大きなサイズの水筒を持てるようになります。
飲む量も増えるため、もしかしたら入園時の水筒では足りなくなっているかもしれません。

年中さんで水筒を買い替えるならば、思い切って1000mlを購入しましょう。
はじめから満タンに入れてしまうと重たくて、幼稚園に持ってくのが苦痛になってしまいす。
なので、半分ぐらいの量から徐々に増やしていくことをオススメします。
年中さんで800mlを購入しても、小学校に入るとすぐに足りなくなります。
小学校では、幼稚園のように先生がお茶を補充してくれることは少ないでしょう。
かといって、一年生のうちは自分で水道水を足すことも難しいかもしれません。

年中さんは、幼稚園の登園と遠足で主に水筒を使うことになります。
しかし、年長さんになると幼稚園によってはお泊り合宿に行くこともあります。
年中さんの時から大き目の水筒を用意し、持ち慣れておいてもいいかもしれないですね。

年中さんが扱いやすい水筒はどんなものがいい?

水筒は、幼稚園の行事でも使います。
とくに遠足ではバスの中で飲んだりすることもあり、自分でスムーズに扱えるものを選ぶようにしましょう。
幼稚園児は、水筒のふたをあけてコップに注ぐことがまだ難しいでしょう。
遠足の途中でお茶をこぼしてしまうと、服が濡れてしまいかわいそうなことになります。

そこで、幼稚園児にはストローが付いた飲み口の水筒をおすすめします。
ふたを開ければストローが飛び出してくるため、中身をこぼす心配がありません。
また、逆流防止機能がついていれば衛生的にも問題ないでしょう。
ただ、ストロー付の水筒は容量が少ない物がほとんどです。
もしも容量が多いものが必要ならば、直のみ水筒をおすすめします。
直のみとは、水筒に直接口をつけて飲める水筒のことです。
コップに移し替える手間がかからないため、短時間で飲むことができます。

ただ、幼稚園によっては衛生上の問題から直のみ水筒を禁止しているところもあります。

行事や場所によって「直のみ」と「コップ」が付け替えられる水筒を購入するといいでしょう。

オススメはこちら⇒

2wayタイプでカバー付きなので、水筒に直に紐が付いているタイプと違って折れてしまうことがないので落としても安心なのがいいですよね。

大きな水筒になると洗うのが面倒!何かいい方法はない?

大きな水筒になると、深さが深くなるため手やブラシが届かないですよね。
水筒は手入れの仕方によっては、雑菌が繁殖してしまうこともあります。
洗うときには、水筒専用のブラシが市販されているので専用ブラシでしっかり洗いましょう。

また、洗った後は乾燥させることも大切です。
数日使わない時には、中までしっかり乾かしてからしまいましょう。

水筒は、小さな部品やパッキンがついています。
洗うたびにすべての部品を外して、小さな溝まで洗い乾燥させることが大切です。

パッキンや部品は、長い間使っていると変色することもあります。
変色の原因は、雑菌であることも考えられるので変色したらこまめに部品は買い替えましょう。

最近は、開け口から手が入るように作られている水筒もあります。
手が奥まで入るため、底までしっかり洗うことができるのでおすすめですよ。

最後に

成長期の子どもにとって、水筒選びは難しい問題ですね。
新しい水筒を選ぶときは、予定されている行事を照らし合わせてみるとサイズが決めやすくなりますよ。

関連記事
年少さんにオススメの水筒に関する記事はこちら⇒

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

83a5e168d9ef76f120e89544ae10c63c_s
赤ちゃんのあせも対策グッズでオススメは?シーン別に紹介!

赤ちゃんのあせもはできる前に予防できたら一番ですよね。 実は、赤ちゃんが長時間過 …

142285
赤ちゃん連れの帰省はいつから飛行機OK?ビジネスがいい?ベビーカーや注意点は?

お盆になると飛行機を利用して帰省する人がいますが、赤ちゃんを連れて帰省する人もい …

no image
虫除けと日焼け止めの併用はどうなの?順番は?肌に塗る以外の工夫も

夏の暑いシーズンのお出かけに欠かせない、日焼け止めと虫除け。 どちらも大切なケア …

003685
東京都内・近郊のじゃぶじゃぶ池 オススメ水遊びスポットはココ!マナーは?

子供達は、夏の水遊びが大好き! 自宅でビニールプールも良いけれど、ちょっと大きな …

163597
双子の血液型は同じ?赤ちゃんの血液型の検査方法は?掛かる費用はいくら?

双子の子供って同じ血液型ではないの?と疑問に思った方は少なからずいるでしょう。 …

769703
電子ピアノを買いに行ったのにピアノを買ってしまった理由

ピアノは子供の習い事の中でも人気のある習い事ですね。 でも、上達を望むならば自宅 …

035524
ランドセルの購入はどっちの親?いつ?学習机の必要性は?

小学校の入学式が迫ってくると、色々な物を用意しなければいけませんが、その用意する …

855885
耳が痛いと子供が夜中に泣く!?その原因と対処法とは?

夜中に突然、子供が泣きだし「耳が痛い」と訴えてきた経験、ありませんか? 突然のこ …

no image
子供の耳掃除は必要?耳垢の取り方は?耳鼻科に行くべき?

耳掃除の好きな大人の方は多いものですが、子供は耳掃除を嫌がることが多いです。 特 …

20161226_234339
縄跳びの結び方で簡単にできる方法は?教え方は?なかなか結べない時は!

子どもにとって、紐を結ぶことはとても難しいようです。 蝶々結びは難しくても、縄跳 …