双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

ガトーショコラの生焼けの見分け方は?対処法と焼き直しのポイントはこれ!

      2018/02/15

ガトーショコラは、しっとり感を楽しむチョコレートケーキですが、生焼けとしっとり感は似ているけれど違います。
小麦粉を使っているガトーショコラの場合は、生焼け状態でたくさん食べてしまうとお腹をこわしてしまう可能性もあるのです。

今回は、ガトーショコラの生焼けの見分け方と対処法について解説します。

スポンサーリンク

ガトーショコラの生焼けの見分け方は?

ガトーショコラの簡単な生焼けの見分け方は、切ってみることが一番です。
切ってみたときに、中心がドロッと流れ出てきてしまうようでは火が全く通っていない状態なので、もう一度焼きなおす必要があります。
ドロッと流れ出てこない状態だったとしても、生チョコレートのような濃い密度があるようなら触って温度を確認してみましょう。
手で触ったときに「熱い」と感じたならば、密度があっても火は通っています。
冷蔵庫で冷やし固めれば、表面のさっくり感と中のしっとり感の両方を楽しめますよ。

贈り物としてガトーショコラを焼いている人は、切って中を確認することが難しいかもしれません。
そんなときには、ガトーショコラの中心に竹串を刺してみてください。
竹串のまわりにべったりと種がくっついてきたら生焼けです。
小さな塊になってくっついてきたならば、中まで火が通っていると考えていいでしょう。

ガトーショコラが生焼けだった時の対処法は?

ガトーショコラが生焼けだったときの対処法はもう一度焼くことが原則です。
生焼け状態のままでも冷蔵庫に入れておくと中まで固まって、食べられるような気もしますが、焼き直しをしなければ「生の小麦粉」に変わりはありません。
生焼けだったときにはとにかく中まで火を通す必要があるのです。

もう一度焼きなおすときのコツは温度です。
ガトーショコラの表面がすでにカリカリに焼けているときには、注意しなければ真っ黒に焦げてしまうなんてことになりかねません。

スポンサーリンク

小さな子どもに食べさせるときなど、見た目よりも確実に中まで火を通す必要があるときには、電子レンジで加熱してしまう方法もあります。電子レンジで1分だけ加熱するだけでも、電子レンジは中から加熱されるため、しっかりと火を通すことができます。
ただ、電子レンジを使ってしまうとしっとり感が減ってしまう可能性もあります。
できれば低温のオーブンでじっくりと焼いてみましょう。
オーブンで焼くときには、焦がさないように工夫します。
しっかりと焼けている部分には、これ以上の焦げ目がつかないようにホイルで覆っておきます

生焼けガトーショコラの焼き直しで失敗しないポイントは?

生焼けのガトーショコラの焼き直しで失敗しないポイントは、ずばり温度です。
ガトーショコラを焼くときには、一般的に180度で20分程度となっています。
しかし、焼き直しのときに180度で焼いてしまうと、あっという間に焦げてしまうのです。

焼き直しをするときには、温度を150度から160度まで下げて、5分単位で様子をみましょう。
5分焼いてみたら取り出して竹串を刺してみます。
竹串に種がついてこなくなるまで5分の焼き直しを繰り返してみましょう。

さいごに

ガトーショコラは「混ぜて焼くだけ」という簡単なイメージがありますが、実は温度管理や混ぜ方によって焼き加減が変わるケーキです。
初めは失敗してしまうかもしれませんが、失敗してしまったガトーショコラは、小さく切って生クリームを添えてもオシャレなケーキになりますよ。
ce6db8fd1368368c4fa2e26b48dd8bf4_s

スポンサーリンク

 - 子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

167249
3歳のトイレトレーニング中で夜のオシッコは?夜のオムツはずしのポイントやグッズは?

昼間はパンツで過ごせるようになったけど、夜はまだオムツがないと不安、というのはよ …

120870
赤ちゃんのサンダルの選び方は?おすすめは?靴下は必要?

夏でも元気に遊ぶ子供たち。 足の発育のことを考えるとしっかり足にフィットするスニ …

7a7580b52cc5602eccf2c16c487453b6_s
あせもとじんましんの違いは?原因は?治療方法は違うの?

夏になると子供の肌トラブルで悩むことが多くなりますね。 とくに子供に多い肌トラブ …

レインカバー
ベビーカーの寒さ対策にはレインカバーがオススメ!インフル対策や花粉にも!?

ベビーカーに赤ちゃんを乗せていると、温度管理が難しいですね。 それに、冬はインフ …

132361
アイロン接着名前シールがすぐ剥がれる!貼り方のコツは?製品の違いは関係あるの?

100円ショップや手芸店などで売っている、アイロン接着タイプの名前シールってすぐ …

250495
洗剤と水だけで簡単シャボン玉液 種類は?割れにくい作り方は?

子供が幼稚園に入園する前は公園でシャボン玉をよくするものです。 ただ、小さな子供 …

126744
ランドセルを安く買うには時期はいつがいい?メリットやデメリットは?失敗談も参考にしよう!

子供が小学生になるときに必要となるのがランドセルですが、最近のランドセルは高価な …

204983
ジュニアシートの座面のみはいつから?安全性は?寝る時の姿勢の対策は?

子供を車に乗せるとき、チャイルドシートはとても重要なものです。 しかし、年齢が3 …

142285
赤ちゃん連れの帰省はいつから飛行機OK?ビジネスがいい?ベビーカーや注意点は?

お盆になると飛行機を利用して帰省する人がいますが、赤ちゃんを連れて帰省する人もい …

075091
赤ちゃんの鼻水を放置すると危険!?家での鼻水対策で中耳炎を予防するには?

大人も赤ちゃんも鼻水が出るメカニズムは同じです。 ほこりなどの異物で鼻粘膜が刺激 …