双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

ラッシュガードの砂が取れない!洗濯の注意点と取り方は?

   

夏の浜辺で気を抜いてしまうと、ひりひり日焼けで苦しむことになってしまいますよね。
最近は、水着の上からラッシュガードを着ているママや子供を多く見かけます。
スポーツ用の体にフィットするタイプから日常着としても使えそうなファッショナブルなラッシュガードまでさまざまですね。
ただ、ラッシュガードの難点は帰ってきてからの洗濯です。
袖口に入り込んだ砂を落とすのは至難の業ですね。

今回は、少しでもお気に入りのラッシュガードを長くきれいに保つための方法をお話しします。

ラッシュガードに入り込んだ砂が取れないのはどうして?

まず、ラッシュガードは日焼けから肌を守るためだけではなく、水で柔らかくなった肌を守ることも目的に作られています。

そのため、布の繊維は細く密度が細かいことが特徴です。
浜辺の砂の粒は細かく、細い繊維の中に奥深く入り込んでしまいます。
繊維に砂粒がしっかりと絡み合ってしまうため、なかなか取れないのですね。

ラッシュガードに入り込んだ砂の洗濯方法は?

海から帰ってきたら、ラッシュガードの袖口がカビが生えたように灰色になっていないか確認してみましょう。
グレーやブラックの色のラッシュガードだと、砂粒が入り込んでいても見つけにくいかもしれませんね。
白地や薄い色だと、黒カビがはえたようになっていませんか?

もしもグレーになっていたら、そこには砂粒が入り込んでいるのです。
ラッシュガードから砂をとる場合は、まず手ではたいたりして落とせるだけ乾いた状態で落としてみます。
最初から濡らしてしまうと、繊維の中にたくさんの砂粒が入り込んでしまいますよ。
乾いた状態で落としきったら、水をはったたらいや洗面器に砂が入り込んだ部分をつけます。
水の中で繊維を広げるようにして、丁寧にもみ洗いをしましょう。
このとき、繊維を広げながら広げた状態で砂をかき出すようにします。
ただ、広げ過ぎてしまったり広げた状態のまま長く放置すると生地が伸びてしまうので注意ですよ。

うまく砂がかき出せないときは、歯ブラシを使ってみてもいいですよ。
毛先が細い歯ブラシは砂をうまくかき出せます。
水底に砂が沈んできたら、せっかく落ちた砂粒が、再びラッシュガードに戻ってこないように水はこまめにかえましょう。
めぼしい砂粒がかき出せたら、通常通り洗濯をします。

ラッシュガードの素材は、ポリエステル素材が主流なので最近ではネットに入れて洗濯機で洗えるものも増えています。
洗濯機を使用できるかどうかは、ラッシュガードについているタグを確認するようにしましょうね。
ラッシュガードの中には、洗剤を使用しないほうがいいものもあります。
洗濯が終わったら、乾燥させます。

ラッシュガードの洗濯以外での砂の取り方は?

ラッシュガードによっては、洗剤を使用して洗濯ができないものもあります。
また、洗濯機での洗濯は生地を傷めてしまうため避けたほうがいいこともありますね。
そんなときの砂の取り方は、乾燥した状態で行います。

まず、手で砂をはたき落とします。
そして、繊維に入り込んでしまった部分は生地を伸ばした状態で指で砂を弾き飛ばします。
一つ一つ指で弾き飛ばすため、時間と手間がかかりますが生地を傷めずに砂を落とせる方法です。
もしも指で弾き飛ばすと砂が飛び散ってしまう場合は、ガムテープでペタペタと取る方法もおすすめですよ。
ラッシュガードを着た状態で生地を引っ張ってみると作業がしやすいです。

さいごに

ラッシュガードは、軽くて収納にも便利ですね。
ただ、伸縮性があるだけに入り込んだ砂を落とすのは一苦労ですよね。
長く汚れを気にせず使いたいときには、暗めの色のラッシュガードを選んだ方がいいかもしれませんね。

 - 紫外線対策 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

076997
子供の水遊び時の日焼け対策は?日焼け止め?ラッシュガード?熱中症対策も忘れずに!

子供って水遊びが大好きですよね。 海や川、プールなどに行って思いっきり楽しんだり …

205613
日焼け止めの去年の残りは使えるの?開封後の使用期限は?未開封でも期限は同じ?

紫外線対策に不可欠なものが日焼け止めクリームです。 最近は、クリーム状、ジェル状 …

073560
小学生の紫外線対策と太陽光の役割は?基本はまず帽子から

昔は子供は太陽の光が燦々と降り注ぐ中でも帽子もかぶらず遊んでいた時代がありました …

no image
野外フェスで帽子の時にまとめ髪が簡単にできる方法やヘアアクセサリーの使い方と髪の紫外線ケアの方法

夏になると野外での行事ごとが増えますので、色々な対策をとらなければいけませんが、 …

no image
ユニクロのuvカットパーカーとラッシュガードの違いや効果は?海でも使える?

最近はおしゃれなラッシュガードがたくさんありますね。 ラッシュガードとは、もとも …

380651
髪の紫外線対策は必要?日ごろのケア方法は?与える影響は?

紫外線が強くなってくると、お肌の日焼けを気にして、日焼け止めクリームを塗り始める …

045325
アスファルトの照り返しでの日焼け防止対策は大丈夫?ネックカバーで対策を!

真夏の時期は本当に暑いからこそ、紫外線からしっかりと自分の肌をガードする、正しい …

123965
室内でも日焼け止めは必要?SPFとPA?老化は防げる?

1日中家にいる日は、日焼け止めクリームを塗らないで過ごしたりしていませんか? 室 …

040639
日焼けした顔のアフターケアで赤みを消す方法は?皮むけした時のケアは?

春先からどんどん強さを増してくる紫外線。紫外線は、肌の日焼けの原因です。 本当は …

no image
顔のシミの対策の方法は?薄くする化粧品で40代男性におすすめは?

シミといえば、本気で消す場合はレーザー治療を受けることになりますが、レーザー治療 …