双子ままの日々のコト

Just another WordPress site

ローストビーフを子供が食べても大丈夫なのは何歳から?注意点は?

      2017/09/01

夏休みは、ママ友との集まりやバーベキューの機会が増えますね。
みんなでワイワイ食べると、子どももたくさん食べてくれるものです。

今回は、みんなで食べるパーティ食の定番「ローストビーフ」を子供にあげるうえで知っておきたい事についてお話しします。

ローストビーフは子どもが食べても大丈夫?

ローストビーフがあると食卓も華やかになりますね。
お肉もやわらかい状態のため、子どもでも飲み込みやすいかもしれません。

でも、ローストビーフは表面は焼けているけれど中は真っ赤です。
子どもに「生」を与えても大丈夫かなと心配になる人もいるかもしれません。
実は、ローストビーフは「生」ではありません

ローストビーフは、低温でじっくりと火を通していくため中が赤いままなのです。
そのため「生肉を食べさせているかも」という心配はありません。
ただ、離乳食中の子どもには飲み込むことは難しいでしょう。

また、ローストビーフはしっかり焼いた肉よりは傷みが早いものです。
しっかりと飲み込みができる幼児期を過ぎても、与えるのは早いかもしれません。
生ものを与えてもいい時期は、飲み込む力や消化する力と関係があり、個人差も大きいため「何歳から食べてもいい」とはっきりと言うことは難しいとされています。

一般的には、ローストビーフやお刺身は食材の名前と「「生ものである」と本人が認識できるようになってからでもいい」と言われています。

ローストビーフって子供は何歳から食べられる?

「生ものと認識できるようになってから」と言っても、だいたい何歳から子どもに食べさせられるかは知りたいですね。。
ローストビーフを食べられる子供は、噛んで飲み込む力が十分に備わっていることと、抵抗力がしっかりと備わっている必要があります。

家庭によっては3歳から生ものを与えていることもありますが、小学校に入学する7歳以降が一般的でしょう。
小学校に入ると給食が始まります。
家庭ではやわらかい食べ物しか食べていなかった子も、給食でさまざまな食感の食べ物に慣れていきます。

子どもにローストビーフを与えるときの注意点

子どもにローストビーフを与えるときには、3つのの注意点があります。

一つ目は、「肉は加熱して食べるもの」であることをしっかりと教える必要があります。
ローストビーフや生ハムに慣れてしまうと、肉を生で食べることに慣れてしまう可能性があります。
「肉は中まで加熱して食べることが原則」であることを、しっかりと伝えましょう。

二つ目は、「ローストビーフの周りについている調味料は落としてから与える」です。
ローストビーフの表面には、たくさんの香辛料や塩分が含まれています。
小さな子どもには、刺激と塩分が強すぎるため、表面をそぎ落として与えましょう。

三つ目は、「十分に消化力と抵抗力がつくまでは中の肉を加熱してから与えること」です。
ローストビーフは生肉ではありませんが、小さな子どもは抵抗力が弱いため加熱したほうが安心です。
子どもの分を切り分けたら、フライパンで表面を焼いてから与えると安心です。

さいごに

さまざまな味や食材に慣れさせたいと思いがちですが、生ものに関しては慎重に進めたいものです。
「生」と聞くと食中毒にばかり気になりますが、子どもに与えるときには「消化」についても気を使ってあげましょう。

関連記事

子供に炭酸飲料はいつから?についての記事はこちら⇒

子供に卵かけご飯はいつから?についての記事はこちら⇒

子供にレーズンパンはいつから?洋酒漬けのレーズンは大丈夫?についての記事はこちら⇒

 - 子育て, 食べ物 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

boy陶芸
小学2年生の夏休みの自由研究にお勧め!オーブン陶土で陶器を作ろう

小学校に入って2年目の夏、色々たくさんやりたい事が出てくる年頃です。 学校生活に …

083874
ふわふわかき氷の作り方 家庭用かき氷機でも作れる?浜松市二俣でも食べられるお店

家でかき氷を作るとどうしてもじゃりじゃりと、粗い氷になってしまいますよね。 最近 …

20160722_110308
洗濯槽の掃除中ワカメみたいな黒いカスが大量に浮いてる!黒カビ!?予防法と落とし方は?

洗濯物を干すとき、黒くて薄いカスがついていることはありませんか? そうなったら、 …

023729
夏のダメージお肌を回復させるキウイは美肌だけじゃない!肉料理にも!デトックス効果のヘルシーメニュー

キウイフルーツと言うと、表面が毛深い皮に覆われている果物ですが、中は綺麗な緑色だ …

205021
子連れ飛行機の機内での過ごし方は?国内線って持ち込みや飲食はどう?

乳児期も終わって、ある程度ものごとの判断が付いて大人しくなってきたお子さん。 赤 …

d1aea0e7c481453355803c0535ae0155_s
赤ちゃんの頭に汗疹ができた時の対策は?市販薬でおすすめは?やってはいけないこと!

赤ちゃんの肌は柔らかくてとても汗っかきです。 夏になると毎日お風呂に入れていても …

273463
ハロウィンはなぜ仮装するの?子供と一緒の楽しみ方は?パレードを見に行こう!

ここ数年で日本でもハロウィンが盛り上がりをみせていますね。 仮装をしたりお菓子を …

ƒvƒŠƒ“ƒg
インフルエンザの予防接種子どもはどうする?副作用は?予防法で注射以外は?

冬になると猛威を振るうインフルエンザ。 毎年11月頃から流行しはじめ、春先までそ …

171637
赤ちゃん麦茶の保存期間 市販のペットボトルや粉末と煮出し水出しは違う?

子供から大人まで安心して飲める麦茶。 ノンカフェインだし味にクセがないのでごくご …

解熱剤
子供の解熱剤の座薬の使用期限と保管場所は?体重が違うけど量は?

子供が高熱をだすと、解熱剤を処方されますよね。 幼稚園に入るころには粉末の薬を処 …